Home

名も無きブログ

今日ログ'20180718'

  • Posted by: ひが
  • 2018-07-19 Thu 01:02:15
  • 独り言
理想の働き方と仕事と生活を手に入れる為に、悩みは尽きない30歳おじさんなのである。


[現職を辞めたい理由って]

現職を離れたい離れたい、と感じるのにはそれなりの理由があるからこそだと思っている。
それなりに理由があって、自身で不満に感じたり納得ができないから、人は転職をする。
僕が今すぐにでもこんな職場とっととやめてしまいたい(潰れちまえとすら思う)、
と思うのにもやはり理由があるんだけど、それは小さなことの積み重ねであり
一つ一つを切り出してみると他人から見れば本当に些細なことと感じられそうな事象であり、
そこに仕事における自分の信条、信念みたいなものが無ければ、
筋の通らないただの「辞めたい辞めたい星人」の戯言になってしまうなあと危惧している。

今のところの辞めたい理由で大きな要素は、
・従来のスタイルの金融機関はビジネスモデルとして成立していない。
 景気動向と社会の変容から業界の縮小傾向を肌で感じたこと。
・同業他社も含め全体的に言えることだが、企業風土があまりにも古臭く
 「評価の仕方は基本的に減点主義、個々の特性に応じ長所を伸ばすという観点はなく、
  上から命令されたことをやってくる人が褒められる世界」
 「高卒の女性社員が職場の男性社員と結ばれて結婚して子供産んで退職までが既定路線」
 「全ての実務が紙ベースでハンコをもらうことが必要」
 「インターネットはウィルス感染の恐れがあるので上司の許可なく使ってはいけない」
 など、今時の企業にしてはだいぶ世の中から孤立しているなあと感じたこと。
・3種の神器と言われる「ITスキル」「コミュニケーションスキル」「ファイナンススキル」
 のうちファイナンススキルだけしか身につかなそうで将来が不安
 (上記のような世の中から隔離されたような井の中の蛙状態では、世間一般との
 コミュニケーションが十分に取れない。語学もさることながら何も身につかない)



[IT業界へ飛び込みたい理由って]

・生きていく為の力、武器、スキルを身につけて、世の中に必要とされる人材になりたい。
・場所と時間にとらわれない仕事をし、家族や自分の時間を確保したい。
・お父さんがシステムの仕事に40年従事し実績を残してきたのを見てきたから。
 (遺伝子的に自分も得意なのでは?説)



こういうフワーッとした動機は果たして有りなのかな?
誰かにご相談させていただきたい。
甘いことばっかり言ってくるタイプじゃないタイプの人に、キャリア相談したい。

今日ログ'20180710'

  • Posted by: ひが
  • 2018-07-11 Wed 01:11:19
  • 独り言
記事のタイトルに規則性がないブログってやっぱり魅力が薄いなと思う。
その一貫性の無さに、作者の人柄と「人に読んでもらう」という気持ちの無さが垣間見える。


かれこれ15年近くだらだら続いてきたブログは、タイトルに一貫性もなければ
内容も一貫性がないしキャラ設定や口調、テンションも一定していない。
それがこのブログだし僕という人間なのだと思う。


一見頑固で自我を持っているようでいて実は何にも芯が通っていなくて言動に一貫性がないし、
「人に読んでもらう」前提の文章を書いている
(=ある程度社会に溶け込もうとしている)筈なのにも関わらず、
「一貫性を持っていないと読みづらくて定期購読者はつかない」
(=社会の一般的な需要にこちらから合わせていかなければならない)
ということを分かっていつつも、「そこまでしなくていいや」
と思ってしまいこのスタイルを貫き続けてしまう自分がいる。


僕という人間はそんなことをここ30年もずうっと繰り返して生きてきちゃったタチである。





プログラミングを平日2時間、土日で計10時間学習するという
とりあえずの計画を立ててそれを実行してきている。
1週間合計20時間、1ヶ月で80時間、半年で480時間だ。
まあまあのクオリティのwebサイトの1つや2つできてはいるだろう。


でも今、フロントサイドの言語でありプログラミング言語ではない
HTML&CSSでこんなに躓くとは・・。
そして今はWeb系の言語が儲かる、との話のもとRubyを学び始めたんだが
これ、Web全盛の時代ってそんな長続きするんだろうか。。。
早めに汎用系言語や近未来的なPython学習へ舵を切った方がいいのではないか!
など不安な気持ちを押し殺しながら、
普段は金融営業という昭和のお仕事をしています。


1日でも早く会社を辞めたい!
が、辞めた後にどうにかなる自信が今の所ない!





とりあえずブログの一貫性の為にも、メンタル的に落ち着きましょうか。

このところの動向について'20180708'

  • Posted by: ひが
  • 2018-07-08 Sun 17:54:00
  • 独り言
ボスが暴走していてなかなか日中はhard daysであった。
無視していりゃいいんだけど、仕事だし一応職場のボスなので彼の言うことは確かに
「業務命令」になるんで、従わないと解雇されても文句言えないので堪えるしかない。


 内容自体は本当に本当に本当にくだらないことだとは思う。

【この数日間のボスの暴走録その1】
・朝出勤簿に三日連続印鑑を押していないことを理由に
「今までの店舗でもこんなザマで誰にも注意されなかった?」
などとチクチク言ってくる上に業務日誌に名指しでそのことを書かれる
→出勤したら出勤簿に自分の印鑑を押す、と言う昭和50年代くらいか?というような
クラシカルスタイルを勤怠管理にて導入しているうちの会社なのだが、
朝いつも誰かが出勤簿を自席かどこかに持ち出していて押そうにも簿がない、
どうせ簿はないし朝忙しい時間帯にそんなことに時間を割いていられないので
通った時にあったら押すようにしているんだけど、その前に
「今日も押してないけど?」とぐちぐち言ってくるので、
無言+半ば椅子を蹴っ飛ばしてわざわざハンコを取りに行き押す。
それが三日続いただけである。その往復の10秒が、朝は本当に勿体無いことを
わかっていない。


【この数日間のボスの暴走録その2】
その日の活動の成果と翌日の活動の目標を、
各訪問先毎に日報に書くという仕事を毎日やっていて、
しかも一日最低20件訪問しないといけないというルールのせいで
最低20件ぶんの成果と目標を毎日書いて印刷して提出するという、
無駄な時間を費やしているのだけど、うちの支店ではボスのルールでそれに加えて
毎月5日迄に前月の反省と今月の目標をA4一枚に書かないといけない。
・・・・・・・・・・・・無駄すぎる!!!!!
その時間があればどれだけお客さんを回ったり稟議書の内容を濃くしたり
残業を減らして早くうちに帰ることができようか・・・!
なので言われるまで無視しているんだけど、期日過ぎてまあすぐ言われるわね。


【この数日間のボスの暴走録その3】
そんな愛らしいうちのボスちゃんったら、趣味は「自分の保身」と「ツーリング」
なのにも関わらず先日しくじってあろうことか女性社員から本部にセクハラを告発されました。
うーん結構屑・・・
で、結果2日間の出勤停止(自宅謹慎)を命じられ、普通はしゅんとなって反省すべきところ、
「俺来週月火(7/9,10)居ないんだよね」と金曜日(7/6)に部下(わしの上司や)にこぼし、
更に「俺明日(7/7)から出かけるからあんま今日飲めないんだよね・・・」と
その日は大口顧客らとの懇親イベントなどがあったのに結構帰る気満々発言を勤務中に
部下(わしの上司やって)していたらしく、
それをすぐにバラされてしまうあたりも部下からも信頼されていないし、
まあなんというか・・・
ガチ屑すぎる!!!!



ということで精神疲労がかなり蓄積しました。





侍エンジニア塾っていうのは果たしてどうなんだろうか(笑)
面談をした中で、その人に合ったキャリア相談をしてくれて、
その人に合ったカリキュラムを組んでくれる、という前評判をきいていたので
信じて大金を振り込んでみたはいいものの・・・




あれ、結局は全員が同じYoutube動画を観て、全員が同じrubyおよびruby on railsを
学ぶように仕向けられているなあと感じた。



面談後の流れを時系列に沿って振り返っていこう。
直後に僕は有り金(ほぼ自分の全財産)をはたいてカ)サムライの楽天銀行普通口座へ
学費を振り込んだ。楽天銀行から楽天銀行へ振込むとなんと手数料はタダだ!
けちんぼさんにはありがたい!!!
しかし、1日半経っても無反応で怖くなったので、面談担当者にメールするとすぐに
担当者から「着金確認しました!ここからログインできます!」的な内容が送られてきた。
こっちからアプローチしなかったら何も動かんやーつ怖い怖い!



送られてきたurlをもとにログインしてみると、
4つくらいのメニューを有したまあまあ簡素なトップページにたどり着いた。

メニュー1:
【タイムライン】との名前を冠した、カリキュラムの進捗状況が棒グラフで表示されるというページ。
トップページと同じだった。

メニュー2:
【動画教材】これがこのサイト、というかこのサービスのメインコンテンツだった。
大きな各章があって、小さな各章があって、その先にYoutube動画が貼られていて、
テキストが書いてある。
Youtubeをみると、講師の人が小窓でテキストの内容をそっくりそのまま喋っていて、
喋りながら自分のPCをいじっている。
かったるいので最初のインストラクション的な動画20本くらいはほぼすっ飛ばした。

メニュー3:
【質問掲示板】いわゆる昔のBBS的な、勉強中の学生からの質問事項に対して
インストラクターがいつでも答えます!というコーナーが設けられていたのだけど、
たまたまそのタイミングで一番上に立っていたスレが
スレタイ「この掲示板って」
内容「塾生からの質問にインストラクターが答えていないものが多いように見えますし、
実質的に機能してないですよね?」
というもので、それに対して他の塾生からのレスで
「はっきり言って機能していません。普通に既存の質問サイトで調べた方がよっぽど早いし、
ついでに言わせてもらうと教材(動画)が古すぎてこれじゃあ高い金払ったのに
満足なサービスが得られませんよ!みんなで返金を要求しませんか?
賛同される方はメールをください! *************@yahoo.co.jp」
的な荒々しい内容で、75万払いたてほやほやのやる気にまあまあ満ち溢れてる太郎にとっては
結構目に余る内容であった。



しかも!!


数日後しばらく経って今日見てみたら、スレッド自体消えているではないか。。。


これは!!


くそサービスにまんまと大金をボラれてしまったかもしれん!
という思いと、


逆に、
くそサービスだか何だか知らんけど俺の頑張り次第や!
逆境跳ね返したる精神で、逆に燃え上がる思いと。




サービスの良し悪しはもう終わったことだ。
取られた金は取り返せ。


今はそんな心持ちです。

本日の動向について'20180704'

  • Posted by: ひが
  • 2018-07-05 Thu 09:08:00
  • 独り言
時間の使い方が効率的でないので、なかなか平日1日3時間のプログラミングの時間を確保できていない。
いや、19時には帰宅しているから、24時に就寝するとすると飯と風呂の時間を除いても十分に時間はある、はずなのだができない。
そんなこんなでこのところ寝るのが1時過ぎ、起きるのは7時半と若干の寝不足気味になっており、この日は24時前に寝てしまった。
Progateで一応、RubyとHTML&CSS初級、中級コースまで完了したが多分Rubyを忘れてきてるのでもう一度復習をし始めた。
iOSアプリ版Progateがアップデートされ有料コースが解禁されたのは非常にありがたいんだけど、クリアしたコースとかは継承されないっぽい。。
今日はさっとおさらいして次に進みたいな。

本日の動向について'20180703'

  • Posted by: ひが
  • 2018-07-04 Wed 01:14:00
  • 独り言
現職を離れたくて仕方がない、という後ろ向きな気持ちのまま、
まあまあ取り扱いに注意な顧客との訪問約束が重なっていたので
気持ち的にかなりナーバスだった。
その上支店のボスがいつもにも増して嫌味っぽく圧力をかけてくるので、
うつ病か何か、とにかくメンタルヘルス的に持続できない状況に追い込まれたという
形にして仕事を休んでプログラミングの勉強に時間を費やしたいな、
という思いで業務にあたっていたのでまあ身が入らない1日であった。

うちの会社には一応ホットラインというシステムが設けられていて、
例えば上司からのパワハラであったり職務上支障をきたすような出来事、
環境があったら上司に知られることなく、それを相談するという仕組みが設けられている。
しかし!
上司に知られることなく相談する相手先はなんと、
「人事部長」なのだと社内規定に定められているではないか!
そんな直接的な報告システムあるかいな!!!
普通は会社内部と利害関係を一切持たない第三者を設置しておくんじゃないの??
もしくは!その外注費用を捻出できない程経営に困窮しているんだったら、
形骸化しているホットラインとかいうシステムは今すぐ廃止して、
うちの会社は社員のメンタルヘルスケアにまで構っていられるほどの
資金的、時間的、労力的余裕はありません!と宣言していただいた方がいいんですけど。。

てなクラシカルshowa企業風土において、
相談相手が誰一人いない中でセンシティブでナーバスな仕事環境にいるのは
大変苦痛だなあと今日改めて感じた。




バカみたいな今の仕事を辞めたい。
でも、バカみたいな職場でバカみたいな仕事しかしてこられなかったので、
8年働いて身についたものは何もないという自身に対する評価と、
辞めた後に仕事に就けるかどうか分からない不安と、
住宅ローンと妻と生活と外気の異常な暑さで頭フラフラな1日でした。

今日はそんな感じっす!

このところの動向について

  • Posted by: ひが
  • 2018-07-03 Tue 01:13:45
  • 独り言
できるだけ簡潔に、このところの動向について記す。



<6/23 sut.>

独学オンラインプログラムのみでのプログラミングスキル習得及びその先の
転職orフリーランス転身はかなり厳しいものがある、と思いスクールの無料面談に行く。
一つはtech::expert、そしてもう一つは侍エンジニア塾だ。
結論から言うと僕は侍エンジニア塾を選んだ。

プログラミングスクールを調べると必ずと言っていいほど上位に
この2サービスの名が挙がってくるが、両者の特徴は結構異なる。

詳細はまた改めるとして僕が侍エンジニア塾を選んだ理由は、
・一人一人に合わせたオリジナルのカリキュラムを組んでくれる
・転職やフリーランスでの案件獲得に必須な「実績」作り
(つまり一つのwebサービス構築をサポートしてくれる)、
 更にフリーランス希望の場合は案件獲得の為のノウハウを取得できる、
 というふれこみがあったからだった。
説明を聞いた限りだとtech::expertは、確かに自らが提携する企業への
転職サポートは手厚いようだったが、こちらはがっちりレールを固めておいたんで
そのレールに従って頑張ってついて来てください的なイメージを持った。
それに対し個々のやりたいこと・なりたい姿から最短ルートを探してくれるという
イメージをもった侍エンジニア塾を、結果的に僕は選んだ。


<6/25 mon.~6/29 fri.>

PyQというオンラインでpythonを学べるサービスに月額2,980円を支払って
学んでいたが、スクールの面談で受けたアドバイスを元にpythonの学習はやめて
Rubyに切り替えた。学習するのははたまたオンライン学習サイトProgate。
こちらは月額980円で、幅広く基本的な部分を分かりやすく教えてくれる。


<6/30>

侍エンジニア塾への入塾手続を済ませた。

頭の中を整理する記事_part1

  • Posted by: ひが
  • 2018-06-20 Wed 01:08:00
  • 独り言
いつも内容は大したこと書いてないこのブログだけれども、
今回はいつもにもまして大したことないことを書く。

大したことないというのは、読者にとって有益でないという意味で、である。

今回の内容は、個人的な僕の頭の中の整理だ。

かなり個人的な内容で主観的な価値観をネット上に公開する回なので、

興味がある人もない人も、この先に書いてあることは読まなくても良い。





==================================



# 何故プログラミングを学びたいと思った?





 きっかけは、(1)現職での将来への限界を感じたことであり、

 その打開策として何故異業種で未経験でスキルも無いIT業界の

 (2)プログラミングに目をつけたかというと、

 簡単にいうとプログラミングが自分の’タイプ的に’合っていそうだし、

 ’楽しそうだ’と興味を持ったからである。

 そして後付け的に、この国では現在及び将来に向かってプログラマーが

 不足傾向にあるという記事を目にする機会があって、

 やってみたいという思いをかなり前向きに後押しした。



 (1)現職での将来への限界を感じた

 現在「金融機関」の「営業職」として8年目になるわけだが、

 30歳の節目を迎えるにあたって自分と家族の未来を考え将来設計した時に、

 ①「金融機関」という業界に生涯身を捧げることに疑問を抱き始めた

 ②「営業職」を6年間やってきたが、結果的に仕事を楽しめない上に

  6年もやったのに自分はノースキルだと気づいた

 この2点がきっかけとなり、このタイミングを人生の転機にしようと考えた。


 ①金融業界は今非常に厳しい状況におかれていて、従前のビジネスモデルでは

 立ち行かなくなってきた、というところまできていると思う。

 新聞等でも言われているように、昨今は銀行出身者の転職熱が非常に高まっている

 という事実からもわかるように、多くの金融機関の人間は明るい未来が見通せず、

 僕も同様に強い閉塞感を感じている。

 ②一度は同業への転職も考え少し活動していた時期があったが、

 それにしても自分があまりにもノースキル過ぎて社会に通用しないぞこれは、

 何か生きるためのスキルを身につけなければと痛感した。




 (2)ネットの記事を見ていて何気なく、プログラマーが足りなくなるという文章を見かけた。

 そういえば自分は文系出身ではありながら数学が好きだし、考えながらコツコツと

 ものを創ったりするのが子供の頃から好きだった(しかし全く仕事に活かせない環境に

 自らを置いてしまったという不運)。

 そして高校卒業後システムエンジニアとしてIT企業の第一線で活躍し続けている父の遺伝子を

 少なからず受け継いでいるはずだ。

 という多少安易な発想から、今更ながらプログラミングに興味を持った。

 また、ここ最近夫婦の話し合いの中で活発に行われている「地方移住」という可能性について、

 職業選択の面で様々な模索をしていたわけだが、比較的どこで働こうが同じクオリティの

 仕事ができそうなイメージのあるITという業界は、今まで頭の中になく自分の新たな可能性を
 
 十分に感じさせた。


    

 =========================================

 

ojisan + 'の、今の' + kimochi

  • Posted by: ひが
  • 2018-06-15 Fri 01:10:57
  • 独り言
おじさんの、今の気持ち。

・一刻も早く帰宅して、プログラミングの知識を習得したい。
・飯の時間を短縮して、会社に行く時間を遅くして、時間を作りたい。
・1秒でも歳をとる時間が勿体無い。
・働いている時間が勿体無い。
・職場のみなさんと気持ちを通わせたり、
 親交を図る目的で飲み会に行くのはお金も時間も勿体無い。
・今仕事をしている中で、実績をあげたり逆に実績をあげられず
 上に叱咤されたり、はたまた対顧客のやりとりの中で
 モチベーションが上がり下がりしたりとか、
 心が色んなことに揺れ動いたりするのが精神及び体力的に勿体無い。
・自分にとって一番効率的にプログラミング言語[python]を習得したい。



・・・余った時間でこのブログを、更新したい。

Home

Tag Cloud
Search
Monthly Archive
Feeds

Return to page top