名も無きブログ

音楽×自転車×雨=ひが

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポエム「セカチューでジコチューを叫ぶ」

2006.07.31

category : 独り言

comment(4) trackback(0)

世界の中心は僕だよ
お父さんもお母さんも妹も
友達も先生も女子高生も
ヒロトもマーシーも
蚊もゴキブリも
知ってる人も知らない人も
みんな僕のために生きてんだよ
僕がすばらしい人生を送れるか
みんなで僕を試してんだよ
ニュースで事件が報道されたら
それによって僕が
何をどう考えるか試すために
その人は事件を起こすんだよ
そしてそれ以外は僕に関わりないから
そのためだけに生まれてきたんだよ
憧れの人がいたら
その人は僕を
悩ませて苦しませるために
生まれてきたんだよ
だから世界は僕のためにあるんだよ

すごく自己中心的な考えだ。俺はこの考えを小学生の時から「ひょっとして…」と持ち続けていた。みなさん腹が立つに違いない。でも本当にそうだったら面白いね。みんな俺のために生きてんだよ。怒んないでね。

子供の心は宇宙だ。

またね。
スポンサーサイト

誰にもわかってもらえない

2006.07.31

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

このブログに自分の心を素直に率直に真っすぐにぶつけるようになった。
俺のことを本当に理解してくれそうな友人はコメントしてくれるけど、俺の心は理解してくれてない。
それはその友人が悪いんでなくて、俺の考えが甘っちょろいから&俺が考えをちゃんと文章に表すことが出来ないから。
同情を求めてるわけじゃないし、無理に理解してもらう必要もないです。
今までにもらったアドバイスも、あまり役に立っていない。本当にごめんね。
ただ、本当に最近思い悩むことがオオイ(^∨^)b

プールの排水溝に吸い込まれた女の子が本当にかわいそうで本気で落ち込むひがでした。

またね。

圏外男

2006.07.31

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

自分の部屋の机でメールしようとすると、出来ない。電波が入らないわけじゃないよ。↑このように、アンテナは元気に3本立っている。それでもメールは遅れないしサイトに接続できないんだよーどうしてかなー??

思えば俺は圏外男だ。恋愛においては常に圏外(^O^)。「ひがゎ、そぅいぅ人ぢゃなぃ」

みんなでどこか遊びに行くときも、俺は視野に入れられない。

俺が音楽についてちょっと言を発すると、世間は「音楽のことはわからない」といって俺を疎む。

「圏外」ということからはちょっとずれるかもしれないが、ある先生に「君は周りがどうあっても、一人でいることが好きだから、何にも動じない」みたいなよくわからない励ましをされた。別に好きで一人してるわけではないのよ。

まあそんなわけで圏外男が使っているからこそこの部屋は電波が入りづらい、いや、入るんだけどiモードに接続しづらいのかもしんない。

…うまくまとめたつもりだったけど正直それは関係ないなと思う自分('・ゝ・)

またね。

2006.07.29

category : 独り言

comment(6) trackback(0)

とあるブログに、生と死についてちょっと書いてあったからこれを機会に俺も書いてみる。

死んでしまった人は、もういないけど、死んでしまった人が身につけていたものは残るんだよね。服とか。靴下とか。時計とか。そういったものをこの間、故人の弟であるうちの父親がもらってきて身につけているんだけど、どんな気持ちで身につけるんだろう。たぶん、単に気味が悪いとかじゃなくて、不思議だよね。って、身近にこういうことがないとわかんないことかもしんないけど。今父親が腕にはめている腕時計は2、3ヵ月前にお兄さんにプレゼントしたものなのに、そのお兄さんはもらってから何日か経ったのちにこの世からいなくなってしまった。そして父親がはめている。俺だったらそんな時計はめられないよ(実際はめてみたんだけどさ)。その話をきいただけで泣きそうだった。時計残ってんのに持ち主いないんだよ。当たり前だけどこの境遇にいると不思議に感じられるんだよね。洋服なんかはニオイまで残ってたんじゃないか?(もう線香のニオイが染み付いちゃってわかんなくなっちゃったけど)
生きている間は脇役だった時計やら洋服やらニオイやらが形を残して主役は天国にいってしまうんだ。やりきれなくなる。
天国にいってしまうんだとか言っちゃったけど、本当はどこにも行かないってこと、みんな気付いているはずだ。魂が天国から見守るとかいうのも嘘だ。息が途絶えたとき、その人はいるけどもう魂はない。焼かれたとき、その人も魂も完全になくなってしまうのだ。お骨なんてもうその人ではない。

話ずれるけど、人にすぐ「死ね」という人は憎い。胸が痛くなる。冗談で言っても面白くないし、俺の寿命が縮まる。本当にそう思ってるわけじゃないんだからいいじゃんという問題ではない。その単語を口にすること自体が生きている者としてすべきことではないと思いますよ。俺がその言葉を口に出すなと忠告するとみんなはウケをとっているんだと思って笑うけど、俺は本当に胸が痛んでいるのだ。この前ある先生が生徒に対して冗談で「殺す」と言った時には失望した。
話戻るけど、おじが逝去したとき、俺はふと、親が死んだときに俺は何の後悔もせずに親を送り出すことが出来るのだろうかと考えた。そして、親は何の心配もせず、安心して死ぬことが出来るだろうかと考えた。俺はこれまでに何一つ親孝行というものをしてきていない。逆に迷惑ばかりかけている。子供なんだから当たり前と人は言うけれど、それでもなんか一つでも親孝行できたらなと思う。でも具体的に何したらいいかわかんないよね。とりあえずいい大学に入ればいいのかな…今は。

俺はおじが亡くなってから死について深く考えるようになったんだけど、それでもそれをねたにブログを書くことをためらってきた。おじに悪い気がした。でもそれでも自分の考えは文章にしたくて思い切って今日ブログに書いてみたんだけど、何かうまく考えがまとまんないまま混沌とした文章になってしまったなぁ…。今日は自分でNGワードを連発するたびにどれだけ胸が痛んだか…。

またね。

わいたりホー さめたりホー

2006.07.29

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

MOにブログを勧めたら本当に始めやがった。
楽しみだね。
http://momemumima.blog56.fc2.com/

世界の車窓から(その1)

2006.07.26

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

世界には色んな人がいる。
俺のブログを見て、「弱いことを正当化してるみたいで格好悪い。格好悪いことを格好良いと勘違いすんな」と言ってくれる人がいた。ありがとう。本当にありがとう。
「弱いことを正当化する」って何だろうね。弱いことって正当化できるのか?そんなこと出来るんなら俺は悩まないぞ。弱い人たちは守ってあげたいけど、それは正しいことには繋げられないよ。それくらい俺でもわかるぜ(^^)ちなみにヒロトは「弱い者は助けたいけれど臆病者はうっとうしいだけ」なんだってさ(ガンスリンガー)。
あと、俺は格好悪い≠格好良いってことも知ってるぜ(^^)格好悪い姿が格好良かったんならそいつは格好悪いんじゃない、格好良いんだ。格好良い姿が格好悪かったんならそいつは格好良いんじゃない、格好悪いんだよ。
それにしても、僕達は何故こんなにもたくさんの教科書を持っているのにこんな大事なことが一つも載ってないんだろうね。

世界には色んな人がいる。俺に意見してくれた人は、同じ星に住んでいる。というか同じ国に住んでいる。というか西荻窪に住んでいる。というか隣のクラスだ。世界って広いな。
こんな感じです。

またね。

ストレスがたまりすぎエブリデイ

2006.07.26

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

ムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくム
カつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくハムカツくうムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつく

勝手にしろ。

またね(ごめん、本当ごめん)。

俺、本当に弱い(苦笑)

2006.07.24

category : 独り言

comment(4) trackback(0)

ロックを心から愛してるやつって、弱いんじゃないかな。弱いからロックが必要で、それさえあればみんなと同じくらい強くなった気になれる。ロックはそんな魔法みたいな強そうな力を持っている。
だからロックを聴かないでオレンジレンジだとか倖田ナンチャラみたいなちゃらんぽらんな音楽ばっかり聴いているような人は、ロックなんて必要ない強い人間なのかもしれない。
そう考えると今の日本人は強い人ばっかりダネ。でも俺的には弱い人間でよかったと思う。弱ければ弱いほどロックの有り難みがわかる気がするよ…

でもこれはロックを心の支えとして聴くひとりのネクラ少年の意見だから、反論したいやつは好きなだけ反論しろ。

またね。

ポエム[弱い俺バージョン]

2006.07.23

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

青春という肩書きをちゃっかり利用して悩んだふりをする
人からもっと尊敬されるべき存在だと思っているけど、自分が他人だったら俺のことは尊敬しないだろう
変な人というレッテルを自ら自分に貼りつけ、それを今更剥がそうと苦労する
喪失への恐れは常に俺のまわりをとりまき、しかもそれが人一倍強い
音楽を誰よりも理解しているような素振りを見せておいて実は半端な恋を後押しするのに利用しているだけ
孤独主義を装う寂しがり屋
他人への関心が膨らむにつれて強まる孤独
友達だと思っていたのに向こうはそう思っていなかった
今だに消えない女性や恋愛への恐怖
音楽を自分の装飾品とすることがたまにある
本当の自分はできれば曝(さら)け出したいが恥ずかしくて仮面をかぶっている
真の俺はどこにいるのか自分でもわからなくなってしまった
話すのが下手だから自分の考えを人に伝えることが出来ず常に一人で抱え込む

ごめん、悪いのは国会議員さんでも、おまわりさんでも、先生でも、親でも、友達でも、殺人犯でも、女でも、社会でも、世界でも、宇宙でもない。俺が要領悪いだけで世の中は別に大変なもんじゃないんだよね。頭の悪い俺が何か色々嫌になっちゃっただけなのね。ごめん。
ろくめん。。
しちめんちょう。。。

またね。

青空替え歌

2006.07.22

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

ブラウンさんの向こう側
カッコつけた気、変態が
インディアンを押し倒した

占いスペシャルその2

2006.07.21

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

皮膚占い(人種差別反対編)

白人のあなた
外見的悩みはさほどないでしょう。ただ、あまりに白すぎるとかえって気持ち悪いので要注意。

黄色人種のあなた(と私)
世界に出てみるとイエローモンキーという偏見を持たれる可能性がありますが、日本人ならそんな機会あまりないと思いますので気にならないでしょう。

黒人のあなた
昔ほど差別は厳しくなくなりましたが、今だに偏見を持った人が世界中どこにでもいるので、要注意です。

またね。

久々にハイロウズファンぶり発揮

2006.07.20

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

ザ・クロマニヨンズをご存じだろうか。
知らないだろ。俺も知らねえ。今、ネットの検索数が急上昇なザ・クロマニヨンズ。今年の夏フェスに多数参加することが決定しているんだけど、未だに誰も正体がわかっていない。全ては7/23(日)のMEET THE WORLD BEATという野外イベントでわかる!(ここで初登場なの。)
で、何故俺がこんなに騒いでいる(?)のかというと、ザ・クロマニヨンズは甲本ヒロトと真島昌利の新しいバンドだという噂が流れているからだー!よっしゃー!
しかも長崎で放送されている甲本ヒロトのレギュラーラジオ番組では、「来週すごいことがおこるかも…!?」的なことを言っていたらしい…これはもう決定じゃないですか!?
とにかく23日は楽しみね。スペシャで生放送。見るべし!!

占いスペシャルその1

2006.07.19

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

血液型占い

O型のあなた
大ざっぱなのにリーダーシップをとりたがるでしょう。よくありません。

A型のあなた
几帳面な性格ですね。あまり度が過ぎるとよくありません。

B型のあなた
何事にもいい加減で、人に嫌われやすいタイプですね。よくありません。

AB型のあなた
あなたは変人ですね。よくありません。

それ以外のあなた
血液型がこの4つのなかにないんなら、その時点でよくありません。

またね。

ひがの寝顔(暗くて見えない)

2006.07.19

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

20060719014207
最近ようやくコメントしてくれる人が増えてきた。嬉しい。この思いを顔文字にするとこうだ。
(^-^)

眠たいのになかなか眠れない夜がある。この思いを顔文字にするとこうだ。
(・・)

自習室に行ったら隣の女の子がやばかった。顔は中の上。まあまあかわいいけど好みじゃない。格好はミニスカの制服。座り方はあぐら(くるくる椅子の上にだ)。だから体をちょっとこっちに向けたら中身が見えちゃいそう(見えなかった)。こっちがガニ股で勉強してると膝と膝がぶつかり合っちゃう。肌の触れ合いに思わずドキッ(何だお前)。このドキドキを顔文字にするとこうだ。
(☆△☆;)!

今現在雨が降っているが、この様子を顔文字にするとこうだ。
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ

またね。

ポエム2

2006.07.18

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

うさぎがぴょん
かえるもぴょん
ふたりでぴょん
どこまでもいこうね

短くまとめた。どうだい??
噂のクロマニヨンズが気になるひがでした。

またね。

ひがのお洒落な(?)Tシャツ。

2006.07.16

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

20060716195119
前回の記事のコメント「やっと更新された」っていうその一言がとってもうれしかったです。

今日は立教大学[池袋]のオープンキャンパスに行ってきた。経営学部の説明をきいてきたんだけど、思ったよりもカリキュラムがしっかりしていて、まさに「勉強の場」という感じで、大学に行けば遊べると思っていた俺はちょっとastonishされた[驚かされた]。
で、都会にきて気付いたのは世の中には本当に色んな人がいるんだなってこと。かっこいい人、かわいい人、かっこ悪い人、不細工な人、かっこつけてる人、かわいこぶってる人…彼らの唯一の共通点はというと、オシャレさんなトコだ。
しかしオシャレというのは本来着飾ることではないようだ。広辞苑で調べた結果、「オシャレ」というのはさっぱりしていてこだわりのない格好をすることのようだ。これをオシャレの定義とするならばさっきの表現は間違えている。正しく言えば、「彼らの唯一の共通点はというと、奇抜な格好をしてスカしているというトコだ。」になる。
それから言わせてもらうと、彼らの格好は俺にしてみればみな一緒。どれもこれも雑誌に載ってるようなのばっか。何でそんな格好したいのかよくわかんないけど、自分をよく見せたいんじゃないのかい?じゃあどうして雑誌と同じ格好をするんだい?みんな雑誌と同じ格好をしたら自分も何もないんじゃないのー??と思うわけですー!(ガガガSP)
甲本ヒロトという、俺が最も好きなアーティストもたまにファッション雑誌の表紙に載ってたりするんだけど(もう40代だぜ!)、それをかっこいいとは思ってもお洒落だとは思わない。それは、彼がただ変わった格好をしているからかっこいいと思うんじゃなくて、自分のスタイルを持っているからかっこいいんだ。それが偶然変わった格好でかつ似合っているからよりかっこいいんだ。だからそれを真似しようったって格好は真似できてもかっこよさは真似出来ねえんじゃねえかなぁ…。

またね。

いい音楽って…??

2006.07.16

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

本当にいい音楽って何だろう。
歌詞がいい曲?
メロディーが美しい曲??
ギターソロがかっこいい曲???
声がいい曲????
これは作曲者として誰もがブチ当たる壁だ。
ブルーハーツを聴いたとき、俺は歌詞の意味を深く考えなかった。「あれも欲しい これも欲しい もっと欲しい もっともっと欲しい」「誰のことも恨んじゃいないよ ただ大人達にほめられるようなバカにはなりたくない」「朝の光が待てなくて 眠れない夜もあった 朝の光が待てなくて 間違ったこともやった」(これらの歌詞はあとになってちゃんと深く考え込まれた歌詞であることがわかりました)意味は考えないんだけど好きだった。でも今考えてみたらそんなもんかなって思う。歌詞は別にそんなに大事じゃない。メロディーだって凝る必要もない。ギターソロなんて無くても十分だ。大事なのは、歌詞とかメロディーとかが一つになったときにどれだけ強い力を持てるかってことだと思う。歌詞が適当でメロディーも適当でもいい。結果的に全体として音楽を聴いたときに「これ、イイ!」って思えればそれでいいと思う。あの歌詞であのメロディーであの歌い方だから「あれも欲しい これも欲しい もっと欲しい もっともっと欲しい」は素晴らしいんだ。どれか
一つでも凝りすぎたり適当だったりすると俺の心の奥まで届いてくんなかったんじゃないかなって思う。だから、それに気付いたときから俺は歌詞の書き方が変わったんだ。はじめは、伝えたいことを歌詞のなかに盛り込んで、そして出来るだけいい歌詞(凝っていて、かっこいいもの)を書いてやろうと思っていた。でも今は出来た曲をギターで弾いてみて自然と頭に浮かんだ言葉を歌詞にしている。だから「君に逢いたい」の次に「ウンコ食いたい」が浮かんできたらそれをそのまま歌詞にしちゃう。ただそれが「これじゃなきゃダメなんだ」っていう歌詞じゃなかったらまたやり直していく。これがいいのかどうかはわからない。リスナーにとっては何だかわからないだろうけど、その曲にとってベストな歌詞を付けてあげたいな。
俺は、曲を作るということはある意味オナニーだと思う。完成したときのやり切った感。そして何よりも自分を慰めるのだ。まさしく自慰なんだ。自分の曲に感動して、励まされて、やる気が出る。そしてその繰り返し。残念ながら俺はこういう形でしか自分を励ます方法を知らない。でもこれを友達に言ったらちゃんと理解してくれた。
だから「これしかない!」っていう歌詞で自分を慰めることが出来たら最高だね。

この話わかんないやつはもっといい音楽聴けよ。

またね。

悩める友人

2006.07.14

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

20060714012728
明日、オリジナルの曲を録音(専門用語でいうところのレコーディングってやつだ)しに行く。
なのに曲が出来ていない。だから友人が今夜うちにきて作っているのだ(世間でいうところのお泊りってやつだ)。
彼は今歌詞づくりに悩んでる(難しい言葉でいうと考え中ってやつだ)。
今日も特にオチはない(お爺さんに例えていうなら尿モレだ)。

またね。

ポエマー、ひが

2006.07.11

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

塾終わる
意味もなく
塾残る
暇だから
家帰ろ
音楽を
聴きながら
帰ろうと
思ったが
プレーヤー
カバンから
取り出すの
面倒で
やめました
だがしかし
駅着くと
暇なので
音楽を
聴きました
青梅行き
電車内
混んでます
かっこいい
お兄さん
不細工な
お姉さん
セーラーの
女の子
変な顔
でかい顔
小金井で
降りました
踏み切りを
待っている
開きました
すぐだった
真っ暗の
夜の道
クラヴィッツ
聴きながら
だらだらと
歩いてる
チャリに乗る
その前に
カギ探す
カギが無い
カギあった
よかったね
今週の
土曜日に
このチャリで
お台場に
6人で
アオ☆ンを
見に行くよ
楽しみだ
オチはない

またね。

アレを見たかった(塾で行けない)

2006.07.10

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

おととい、期末テストも終わり友人の家でハイロウズのDVDを見ていると、突然従兄弟から電話がかかってきた。後でかけ直してもらって、ゆっくり話をした。
従兄弟はひがより一つ年上で、山形県に住んでいてなかなか遠くて会えないのだが昔から仲が良かった。高校を出てから大学には行かず秋田の会社に就職した。だから今は秋田に住んでいる。
社会人には休みがない。春休み、冬休みはもちろん、夏休みも3日間しかないそうだ。従兄弟は土日も休めないといっていた。勉強が嫌だからという理由で就職を選んだ(確か)従兄弟は、大学で勉強してた方が楽だったかもとも言っていた。髪型と背丈ばかり気にしているひがは、あんだけ仲の良かった従兄弟が大人になってどっか違う世界の生きものになったみたいな気がして、ちょっと凹んだ。俺なんかバイトもしたことないのになぁ…大学に入ったらちゃんと自立した大人になれるのかなぁ。

またね。

写真は宇多田ヒカルですが

2006.07.09

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

20060709230649
今日はツタヤに行ってCDを借りてきました。その中にジッタリン・ジンのベストがありました。
「夏祭り」がやばい!ホワイトべリーがカバーしたことで有名な曲なんだけど、原曲はあんな気取った歌い方ではなくて、もっと少年のような声で、歌詞もよく聴くとすごく良い。
この曲はひがが高校一年生のとき(まだメンバーに女の子がいたとき)初めてライブでやった曲だ(ホワイトべリーの方)。そんな感じで個人的なアレも強いんだけど、オンガクのことよくわかんなーいって人も是非聴け!(原曲の方ね)

またね。

タイトルなし

2006.07.09

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

テストが終わって一安心。もうすぐ夏休みがやってくる。

毎日毎日何も面白い事が起こらないのでこれ以上書くことがないひがでした。

またね

明日の現代文のテストにデルカモ

2006.07.05

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

「こは足を縛して放たれし鳥のしばし羽を動かして自由を得たりと誇りしにはあらずや」とはどういうことか。

→自分が意識した近代的自我は、外国においてのみ認められるもので、実際には何の自由もなかったのに、それに気付かなかったということ。

「一点の彼を憎むこころ」とは何か。

→自分に断りもせず勝手にエリスに真実を告げ、発狂に追いやったこと。

今日の写真見んな。寒気がする。

2006.07.03

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

20060703020310
たった今、一匹のゴキブリがひがによって殺害された。悪いことしたな。でも、悪いけどひがは悪いことをしたとは思っちゃいない(何のこっちゃ)。だってお前らは生きているだけで罪な生きものなんだぜ。そんな奴の命を一瞬にして奪ってしまったひがは別に何も思わない。ただ、気持ち悪いでした。今ひがは勝利の証として(?)みかんアイスを食べている(夜中の2時だ)。
前にもゴキブリがマイルームに出現したことがあった。巨大ゴキブリだった。4センチはあった。ひがの部屋はゴキちゃんの隠れやすい場所がたくさんあったので大苦戦した。その時お気に入りのヘッドホンの上にちょこんとのっかるゴキちゃんにショックを受けたが何とか撃退(母が)。もちろんヘッドホンはその後何度も消毒。壊れそうになるくらい消毒。もう、ゴキブリは許さん。

またね。

ジャイアンツ、連敗脱出

2006.07.01

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

20060701213340
また泣いた。
今日のおかずはザ・ハイロウズの「十四才」。一番が終わった時点でかなりキテたんだけど、結局最後には泣いてしまった。
最近よく泣くな。年とって涙もろくなったんかなぁ。いや、そうではない(反語形)。いい友達が出来て純粋になれたのかなぁ。はたまた高校生活も残り少ないことに気付いて切なくなってんのかなぁ。何でもいいけど、とにかく膝毛が濃い。
今日学校で話したこともないような女の子に寝ぼけ顔を見られて笑われた。みんな僕の顔を見て笑うんだ。僕はそれだけで幸せなんだ。僕はみんなが楽しければそれで幸せなんだ。

んなわけねえだろ

またね。
プロフィール

ひが

  • Author:ひが
  • The 新社会人

    怒濤のコンプライアンスでやんす
counter
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
忍者による解析

Copyright ©名も無きブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。