名も無きブログ

音楽×自転車×雨=ひが

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳の悩み

2006.11.30

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

俺は牛乳。
そう、あの牛の乳から出る白いエキス。
俺には悩みがある。
彼女が出来ないんだ。
いや、むしろ生物のように恋がしたい。
他の生物達はまさか俺がこんなふうに思ってるとは思わないだろう。
生物は俺をただの飲み物もしくはただの白い液体だと思っている。
違うんだぜ。
牛乳だってものを考えるし異性に興味がある。
生物に憧れさえ抱いてるんだ。
なんてったって牛乳と生きものの違いは、動けるかどうかなんだよ。
ノミだって動ける。
植物だって日光と水がありゃ立派に成長するだろ。
牛乳なんて自由に動くことも出来なければ成長も出来ない。
さらには命さえ与えられていないから、生と死の境目がどこだかわからない。
世の中はどうにもならないことばっかりで出来てるって奥田民生が散々教えてくれたし、俺もそんなに頭の堅い牛乳じゃないから(液体だしな)それは諦める。
生き物と恋に堕ちるのはムリだ。
無生物で我慢しよう。
でも無生物だとお互い動けないわコミュニケーションとれないわでだいぶ難しいところがあるんだよね。
今俺の隣に卵がいるんだけどね、まず性別がわかんないもん。
そして意志疎通の手段がない。
卵が果たしてものを考える物体かどうかもわからないんだぜ。
何も考えられないようなやつにアプローチしても恥ずかしいだけだし…
ってかアプローチ出来ないんだった。
別の牛乳に恋するか??
でも牛乳と牛乳をわざわざ混ぜ合わせるバカタレはいないしな。
あ、コーヒー!
いや、コーヒーは見た目がドス黒くてめっちゃ怖いよな。
やめよう。
絡まれたら一巻の終わりだ。
…はぁ。
結局このまま恋も出来ずに飲まれちゃうんだろうな、俺。
そうだ、飲まれる前にやっておきたいことをやっておこう。
………………。
特にないな。
牛乳として生きる意味ってないんだな。
何で俺牛乳なんだろう。
何で俺自由のない無生物に生まれたんだろう。
何で俺速水もこみちに生まれなかったんだろう(あいつの名前めっちゃ速そうだよな)。
いや、もこみちじゃなくてもいい。
人間がいい。
確かに人間は戦争とかして生き物殺しまくっててウザイけど、やっぱり自由度が一番高いよな。
牛乳作ってんのも人間だぜ。
牛の乳だけじゃ牛乳じゃないぜ。
人間って他の生物とか無生物にも嫌われてるけど、やっぱり羨ましい気持ちがあるよね。
だからこそ憎いんだと思う。
……………いいなぁ、もこみち。
長澤まさみと仲良くしたい放題じゃん。
チュッチュし放題じゃん。
ヤリたい放題じゃん。
俺はいつまで牛乳してなきゃいけないんだろ。
あ、冷蔵庫開いた。
飲まれるのか。
みなさんさようなら。
僕はこれから体内に行ってきます。
人間の皆さんは僕みたいに絶対に恋できないようなやつもいるんだってことを頭に留めておいて、思い切り恋してくだ
「ゴクッ。」

またね。
スポンサーサイト

ひがの妄想劇場

2006.11.29

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

「美容品が売れると地球上から人類がいなくなる」

美容品が売れる。
女の人が綺麗になる。
女の人が艶めかしくなる。
男の人がそれを見てHしたくなる。
男の人も外見を良くしようと努力する。
女の人がそれを見てHしたくなる。
めでたくたくさんの男女はHする。
Hすると子供が産まれる。
美男美女の両親に恵まれた子供が美しい外見になる。
美しい外見の子供たちが増えて、やがて成長するとまた男も女もHしたくなる。
Hする。
また美形が産まれる。
子供たちはどんどん美しくなる。
またそれにつれてどんどん性欲が強くなる。
子供が増える。
人口が増える。
日本には入りきらないので外国に移住する。
外国人は美しい日本人を見てHしたくなる。
外国人も頑張って見た目を良くする。
Hする。
美しい子供が産まれる。
繰り返していくうちに人々はどんどん男も女も見た目が良くなって性欲が強くなって子供が増えて人口が増える。
地球上には人が入りきらなくなる。
他の星に移住する計画を立てる。
アメリカの宇宙探索チームが人間が住める星を発見したと発表する。
人々は環境もすっかり汚染された地球を離れその星へ向かう。
しかし実はアメリカの宇宙探索チームの発表は嘘で、地球上からアメリカ人とは考え方が違う外国人を排泄しようという策であった。
星に辿り着いた地球からの移民は空気がないので皆死亡。
地球に残ったアメリカ人は、劇的な人口増加による環境汚染で全滅。
地球には自然が根強く生き残り、人間の絶滅によって環境が回復する。
地球が美しい星に戻る。
火星がそれを見てHしたくなる。
火星も外見を良くしようと努力する。
地球がそれを見てHしたくなる。
地球と火星はHする。
…………………

またね。

雨と男と虚無感とブログ

2006.11.27

category : 独り言

comment(4) trackback(0)

友達が言ってた。
やることがない。
彼も指定校推薦でみんなより先に決まったのだ。
勉強する気にもならない。
何していいかわからない。
生活にハリがない。

その症状がいよいよ俺にも顕れた。
とにかく勉強はしたくないんだ。
楽器も弾きたくない。
なーんにもしなくていいから、なーんにもしたくない。
受験生にしてみれば羨ましい悩みだと思う。
こんな時はお友達と過ごしたいけど、今コレ書いてんの夜中だし外は雨だし寒いし。
ケーブルテレビのエロチャンネルは見飽きた。
何もすることがない。
寝るか。
寝たらいつのまにか明日が始まる。
明日が始まるとまたすることがない。
それを考えると憂欝になってくる。
どうしようか。

でも正直ちょっぴり嬉しい。
ここ最近二ヵ月くらい高校生の悩みらしい悩みを大して抱えてなかったから、自分が空っぽになってるみたいだったんだ。

まあ調度良かったとは言わないけどね。

やっぱり寝よう。
精神的に寝ることを拒んでも、肉体をだますことは出来ない。
要は眠い。
明日のことは明日考えるとして、とりあえずおやスミス(このギャグは実はこのブログ二度目となる)。

またね。

面接な一日

2006.11.26

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

なかなか眠れなかった。
23:30に最初にベッドに入って、結局寝たのは1:00過ぎ。
緊張しないとか言っておきながら全然落ち着きがないのね。

目が覚めたのは4:58。
ちょっと早すぎ。
8:10に家出りゃ間に合うんだよ。
布団から出ようと思ったけど寒くて出られない。
うんー、仕方ない、寝よう。
でもどう頑張っても一度起きてしまうとなかなか寝られない。
と思ったら寝ていた。
7:00前、いきなりタイマー設定していたオーディオが鳴りだす。
「ブンブンブブーン!ブンブンブブーン!」
↑ザ・クロマニヨンズ「キラービー」の歌詞です。
うるさいのでリモコンで慌てて音を下げて、もう一回寝た。その後目覚まし時計やら携帯やら色々鳴り始めたので眠りに入ることはなかった。
準備もして飯も食ってさあいよいよ面接に出発だぁ。
それより何より今はユニコーンが聴きたい。
Hystery-Mystery

Game

Maybe Blue

…結局ブルーハーツに変更。
あーいつのまにか音楽の話に。

立川からモノレールに乗り、大学に向かう。
集合時間の30分前に着く。
だいぶヒマして待機。
集合時間になってまず大きなお部屋に集められて綺麗なお姉さんから面接について説明。
6人ずつ小さいお部屋に移動するみたい。
小さいお部屋の前でまた待機。
こういうときに知らない人にすぐ話し掛けられる人、凄いよね。
今度はわりとすぐ呼ばれて、6人が入室。
若くて綺麗めな女の人(英語教える人らしい)と、若者を理解しなそうなおじさん(失礼な)が面接官だ。
まず、おじさん(大学の教授ね)から面接についての具体的な説明。
自己紹介→ディベート→それに対して意見
という流れで50分間の面接となる。
俺は座席番号①だったので最初にしゃべらなければならなかった。
自己紹介では、とりあえず部活のことを言っといた。
それしかやってないから。
やってるのはロックなのにフォークソング研究部という名前であることを指摘されてしまった。
まあ和やかな雰囲気だったからそれはそれでいいのですよ。
6人の自己紹介が終わって、いよいよメインイベントのディベートへ。
テーマは、「死刑制度存続について賛成か反対か」。
面接官によってはじめから3対3で賛成と反対に分けられたので、俺は賛成側になった。
一人ずつ順番に喋っていくので、どれもこれも学校で練習してない形式ばかりだ!
「凶悪犯罪者を生かしておくのはキケンだ。金もかかるし。」
みたいなことを言ったつもり。
反対派の意見としては、もちろん「犯罪者とて一人の人間だから生存権を尊重すべきじゃないか」というもの。
と一通り6人話しおわったところで、面接官からコメント。
反対派にはもっと大事な要素があるんじゃないですか。
何だと思いますか。
とみんなに問い掛ける。
誰も言わなかったので仕方なく俺が冤罪といった。
↑この書き方がやらしいな。
面接官に「きみは最初から気付いていましたか」ときかれて答えはYES。
面接官はまあ賛成派だからこの問題を持ち上げると不利になりますからねと言った。
正直最初から気付いていたわけじゃないよ。
でも前にディベート対策で大事な友人Eと一緒に死刑制度について話し合っていたんだ。
その時は二人とも賛成派だった。
でも当日に反対派に回されたらどう言う?てな話で倫理上の問題と冤罪について挙げたんだ。
まあ後は野となれ山となれ。
じゃないや終わり良ければすべて良し。
ん??よくわからんけど。
その後はほぼ面接官による冤罪についての講義みたいになった。
このまま面接時間が終わってくれー。
終わってくれた。
その後はなぜかアンケートを書かされてそのまま終了。
まあ指定校推薦だしこんなもんか。
結構あっさり。
でもまあ多少の緊張感は必要ですよ、指定校推薦を狙っている後輩さん達(見てないか)。

近々コンビニでバイトしようと思います。

またね。

↓俺の顔

2006.11.24

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

20061124180714
友と共に電車で茨城へ行った。
自分探し??
よくわかんないけど。

気になる友達について2時間くらいは語った。
そして前の席に座ってる田舎モンギャル気取りの女の子二人組の食べている煎餅と、浜風というお菓子について語り合って笑った。

バンドについて語った。
音楽について語った。
仲間について語った。
女子高生について語った。

友と別れて一人になってから切なくなった。
人生ってめんどくさいなあ。
久々に思った。
俺は別に悩んでない。
けど胸が締め付けられるような感じがしたから、「こんな時はヒロトに相談だー」ってなことでザ・クロマニヨンズの「タリホー」を聴いたら一瞬元気が出たよ。
「ぶっ飛ばしてぶっ飛ばしてぶっ飛ばす」ことが出来ないこともあるんだね。
本当によくわかんない。

明日面接だってのに。

またね。

明後日面接。いや、もう明日か。

2006.11.24

category : 独り言

comment(5) trackback(0)

最近の俺、どうかしてる。
人のブログを見て挙げ足をとったり否定したり。
自分の意見を言ってすっきりしたいのか??
人をけなしてすっきりしたいのか??
もっともらしいことを言ってリスペクトされたいのか??
俺の「ブログ潰し」的かつ他虐的なコメントによってどれくらいの人をいらつかせたかな。
自分のブログを使って人を中傷したこともある。
情けないね。
嫌われちゃうよ。
もっとひどけりゃ相手にされなくなるよ。

人にいやな思いさせるくらいなら黙ってたほうがましだもんな。

…人にやさしく。
(By THE BLUE HEARTS)

ベース

2006.11.21

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

20061121181834
撮った。
そのまんま撮ったんじゃ楽しくないから、弾いているところを撮った。
ちなみに後ろの黒い物体は実はアンプではなくストーブだ!
まともにベースを弾いたのは久しぶり。

ベースの音ってエロいよね。

って友達に言ったら共感してもらえなかった。
好きなベースの音は、
音のかたさ:40%
音の太さ:80%
くらいです。
エフェクターは使いたくないな。

動くベースラインも好きだけど、シンプルに
ダダダダダダダダ…
と安定感のある音のほうが好きだな最近は。
マニアックな話かな。

今度はギターバージョンね。
「いつかね」。

またね。

シビヤな話

2006.11.21

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

人間は思わぬところで人を傷つけている。
かも知れない。

高二の時、俺と一緒にバンドを組んでいたD君…。
今でも仲がいい。
高三になってからもスタジオに行ったりした。
彼は当時自分のパートがあんまり上手じゃなかった(俺的意見)。
そして彼の態度を見ても、俺とバンドをやっていて楽しいのかどうかわからなかったし、大学に入った後にまた俺と組んでやっていけるか不安な部分もあった。
そんなところに、別のメンバーG君が、上手い人がいるよと言ってD君のパートがすごく上手い人を俺に紹介してくれた。
その人は小学校の時から習っていたらしく、上手いというよりも安定感があった。
俺とG君とその人でちょっと一回セッションしてみようってことになって、荻窪のスタジオに集結した。
やってみたら、音のバランスがとれててサウンド的には今までで最高だった。
「サウンド的には」。
G君は何となくその人とやっていきたいみたいな雰囲気を醸し出していたんだけど、俺は正直その人とやっていくのは無理だと思った。
その話に関しては
「いいかもねぇ」
なんて適当に頷いていた。
D君はこの時から、
「俺じゃなくても代わりはいるんだ」
って思い始めたみたい。
セッションするって言ったときにはD君にはちょっと悪い気がしてたけど、まあどうせ一回だけだし、D君も地元で微妙なバンドを組んでたこともあったらしいしと思ってやってみたんだよね。
まさかそんなこと考えてるとは思わず。

半年以上経って、何故か俺は井の頭公園でD君と5時間語った。
6年間友達してるのに、こんなに長時間話したのは初めてだった。
彼がこんなに語れる人だと思わなかった。
ちゃんと自分の考えは持ってるけど純粋な部分もあって。
その時俺は、ようやく「大学に入ってからも絶対こいつと一緒にバンドをやりたい!」って思えた。
技術的な問題は一ヵ月も練習すれば解決するもの。
俺はD君のもっと大切なものを見つけたような気がした。
勝手に。
彼は俺にこころ開いてくれてたのかな??

でもD君はセッションのことをきっかけに人を信頼できなくなっていた。
っていうことを、今日また井の頭公園で話してD君はきっぱり俺に言ってくれた。
何かD君が病んでるのは俺が原因っぽいなっていうのはうすうす気付いてはいたけど、今日そう断言してもらった。
そこで何故俺は真っ先に謝れなかったのかは謎。

彼はそれから大学に入ってからバンドをするかはわからないと言っていた。

何かショッキングだったなあ。

でも俺らはそれで気まずくなっちゃうような関係じゃない(と信じてる)!
結局OMやら本屋やらハシゴして結局5時間近く一緒にいた。

予期せぬことで一番身近な人を傷つけていたなあと思う。
これでD君の人生悪い方向にどんどん転がっていったらどうしよう。
んーーーーん…??

またね。

ブログミニ小説「パパはいい加減」

2006.11.20

category : 独り言

comment(4) trackback(0)

「ねぇパパ、パパとママはどうやって知り合ったの??」
「パパとママが最初に出会ったのはね、幼稚園の時なんだ。同じ幼稚園だったんだよ。」
「うそぉ~~!」
「でも話したことはなかったんだ。小学校も一緒でね、6年間クラスも一緒だったのに一言も話したことなかったんだよ。」
「えー、恥ずかしがり屋さんだったの??」
「あ、うん…まぁ…。中学も一緒だったんだけど、クラス同じにならなかったしやっぱり会話しなかった。」
「そんなに一緒になってるのに!?変なの…」
「高校受験で同じ高校に入ったし、大学も同じ大学に入ったんだけど、結局卒業まで喋ったことなかったなあ。」
「パパうそついてるでしょ。」
「大学時代のバイト先も一緒だし、卒業後の就職先も同じ。もちろん喋ったことないよ。」
「ねえ、嘘でしょってば。」
「同じ会社に入ったんだけどママはすぐに退社しちゃってね。しばらく顔を見てなかったんだ。」
「ねえってば。」
「それで昨日久々に会って初めて話してさっき結婚してきたんだ。」
「パパ、何の話してんの??」

またね。

デカイ奴は何もしなくてもモテる

2006.11.19

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

体のデカイ人はそれだけで女性からの評価が上がる。
かっこよければイチコロ。
多少顔が悪くても髪型や筋肉があれば見事にカバーできる。
だってどこへ行っても必ず一人は「タイプは背が高い人」という女がいるんだもの。
そこで世の男性達は背の高い人に憧れて、自分もそうなりたいと願う傾向にある(たぶん)。
俺もその一人っ。
しかし願いはかなく高三の時点で身長は169.8㌢。
うー。
小さい頃から小さいのがコンプレックス(変なニホンゴ笑)だった。
父親が178㌢の巨人だということも理由の一つかもしれない。
小さい人ってねえ、周りが大きいから常に存在を否定されてるみたいに感じるんだよ(俺だけかな)。
満員電車の中でも俺は背伸びをする。
女の子が必死に寄せて上げてして胸を大きく見せるみたいに。

でも最近、小さいからこその俺の魅力があるんじゃないかってことを考え始めた。
前も話したかな。
デカイ奴は確かにそれだけでかっこいいかもしんないけど、俺は「小さいから素敵」な部分があるかもしれない。
「小さいけど」じゃなくて「小さいから」。
威圧感の無さから、安らぎをもたらすことができる。
かも知れない能力を持っている可能性が無くはなかったら喜ばしいことだな。

まあでも俺にも他に色々あるだろ。
俺は意外と人の目を気にしているのかもしれないなぁ。

あ、ここで今更「小さくてもモテるやつはいくらでもいるぜ」とか「大きいけどモテない人はたくさんいる」っていう意見は無しよ。

またね。

下劣な話(嫌いな人は読まないで)

2006.11.19

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

20061119031127
CDーRを整理した。
250枚以上あることがわかった。
ミュージシャンとして(?)やっぱりこれくらいは聴いとくべきなのか??
でも最近はユニコーンばっかり聴いている。
俺もユニコーンみたいに笑えるいい曲を作れるようになれたらな♪
ってなわけでユニコーンのアルバム「パニック・アタック」を求めてブックセンターいとうに自転車を走らせる。
あったけど\980という高額な商品だったからヤメタ。
せっかく古本屋に来たのだからと18禁コーナーを覗いていった。
実は見た目は子供みたいだけど18歳には達しているのだ。
だから晴れやかな気持ちで足を踏み入れることができる。
そこで、俺のどうも受け入れがたいジャンルランキングを発表しよう。
1位 熟女系
2位 汚物系
3位 アニメ系
4位 SM系
5位 外人系
性欲というものは本来子孫繁栄のために神が(ばーか)与えたものなのに、2位と4位は特にその次元を越えちゃってるだろと思う。
これは神の(ばーかばーか)大誤算じゃないか??
3位のアニメなんて人間も入り込めないような世界だろ~
とまあこんなもんは人それぞれで大いに結構なんだけど、たまには性のことを真面目に考えようてみようぜ。

友達の情報によると男性は平均して一日あたり約一回の射精を行うらしい。
結構多いんだね。
よし、ペースアップだ!(?)

あとエロの世界に音楽を持ち込まないでほしい(バンド物AVの監督)。
あと音楽の世界にエロも持ち込まないでほしい(倖田なんだっけ!)。

あー、ブログでこんな話二度としたくないなぁ。

またね。

ブログミニ小説「イヌ」

2006.11.16

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

俺は犬。
名前は「ネコ」。
あだ名は「イヌ」。
わけわかんないからイヌでいいよね。
2年くらい前からこの部屋に住んでいる。
飼い主はスミエさん。
婆さんみたいな名前だけど二十歳の女子大生よ。
本当はアパートでペットを飼っちゃいけない。
でも俺だけは特別さ。
なんつったって俺はかわいい。
大家さん公認のかわいさだ。
しかし俺にはかわいさでどうしてもかなわないやつがいる。
スミエさんだ。
このダブルかわいいで大家さんは特別にペットを許可している。
スミエさんは本当にかわいい。
彼氏がいないのが不思議なくらい。
…と思ったら、誰だあの男??
お客さんが来たのかな。
あ、スミエさんとチューしてる!?
やっぱ彼氏いるじゃん!
ワンッ!

単なるイヌの思い過しだった。

またね。

今日の記事つまらないから読むな

2006.11.14

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

最近、ユニコーンの偉大さにようやく気付かされた。
今はまってる曲は、P.T.A.~光のネットワーク~。
タイトルだけで何だそりゃって感じ。
新しい担任は人気者だけど先生は大変な職業だねっていう歌詞。
こんな歌詞をかっこつけて歌ってる奥田民生が可笑しい。
みんな知らないはずなので、次の話題行こう。

久々な野球の話。
プロ野球の新人賞に、セリーグからは我が広島東洋カープの梵(そよぎ)選手が選ばれました。
おめでとう~~~~!
足速いもんね。
守備できるもんね。
黒田も残留だし、来年こそはいよいよ優勝ではないですか!?
ふんっ、まあ好きなだけ異論を唱えるがよいよ。
ジャイアンツもなんとか頑張っておくれ。
いい選手揃ってるんだから。

話わからない人もいるはずなので、次の話題行こう。

いや、特にない。

またね。

新曲を3曲載せます。これで今月5曲目。ペース速ぇ~~~~~!

2006.11.13

category : 歌詞

comment(4) trackback(0)

「平安時代」
作詞・作曲ひが

近ごろは中学生も
平気でカップルを作る
俺に言わせてみれば
みんな化け物に見える
俺の前でそんなに
いちゃつかれたりしたら
イライラムラムラするだろ
貴族になりてぇ~
平安時代 平安時代
一夫多妻制
平安時代 平安時代
羨ましすぎるぜ
中学生よりもガキな
高校生が作った歌
同情する奴はいるが
共感する奴はいねぇ
俺の陰でそんなに
やましいことしてたら
イライラムラムラするだろ
生まれ変わりてぇ~
平安時代 平安時代
ヤりまくるぜ
平安時代 平安時代
イカせまくってやるぜ
平安時代 平安時代
一夫多妻制
平安時代 平安時代
羨ましいぜ
平安時代 平安時代
淫乱女御
平安時代 平安時代
ヤりまくる日々だぜ


「おしり」
作詞・作曲ひが

左右に一個ずつ
お肉の塊
美しい溝で
きれいに分けられ
そんなことに興味があるなんて
最低! 最低!
おしり おしり おしり
やわらかそうだね
お肉の塊
つやつやの山の
ぷるぷるハーモニー
そんなことに興味があるなんて
最低! 最低!
おしり おしり おしり
しまったおしりは
努力の結晶
大事に育ててあげないと
スタイルの良さは
おしりの大きさ
それ次第で随分変わる
おしり おしり おしり


「ヤブレター」
作詞・作曲ひが

ヤブレター ヤブレター
僕の声は
ついに届かないままに 後悔と化し
ヤブレター ヤブレター
君の声を
手に入れてしまう前に いつのまにか消えてた
君のことはもう 10回以上は
忘れてきたはず それでも剥がれない
プライドよりも大事だと
気付いていれば
ヤブレター ヤブレター
君の声を
半年きいてないから 忘れてしまった
ヤブレター ヤブレター
君の顔は
素晴らし過ぎて僕には 忘れられないままだ
顔を合わせても 他人のふりして
最近ずっとそう 明るい顔して
綺麗事より大事だと
気付いていれば
ヤブレター ヤブレター
君なしでは
僕はこの先もずっと 強くはなれない
ヤブレター ヤブレター
僕なしなら
君はこの先もずっと 強く生きていられる
洒落た小芝居はしないで
騙されちゃうよ
ヤブレター ヤブレター
そうだ僕は
強い男なんかじゃない へっぽこぴーさ
ヤブレター ヤブレター
だから君も
そこも僕の魅力だと 諦めてほしかった
ヤブレター ヤブレター
君のような
何もかもが完璧な 女の子には
ヤブレター ヤブレター
僕のような
チビバカハゲキモイ奴は
月とすっぽんだったんだね


どれも今月できた曲です。
「おしり」以外は前からあったメロディーに最近歌詞をつけたもの。
「おしり」は突然思いついて20分でできた。
「平安時代」…お下品ソング。彼女できたことない人がきいたらいいかも。
「おしり」…ケツソング。エロさも感じられなければ汚さも感じられない、ただおしりのことを忠実に歌った歌。
「ヤブレター」…タイトルはブルーハーツの「ラブレター」からパクッたもの。せっかくだしとキーも揃えてみた。ヤブ「レター」なのに歌詞に手紙が出てこない。歌詞は恥ずかしいからじっくり読まずに雰囲気だけ味わって。


またね。

一月で100万円貯まる方法∵☆∴

2006.11.13

category : 独り言

tags : 校長 自殺 いじめ 教育者 罪悪感 教頭 ブログ 掲示板 ホームページ

comment(0) trackback(0)

またどっかの校長自殺した。
教育者とはこんなものか??
確かに生徒のいじめを見抜けなかった(知ってたけど見なかったことにした)責任はとるべきだ。
でも教育者たるものが自殺という手段で責任を取るべきではないと思う。
自殺は現実逃避の最終手段にすぎない。
教育者が取るべき対応は、
遺族に対して誠意を持って(?)謝罪する。
生徒に命の大切さを教え込む。
間違っても死んじゃダメ。
いじめに加担した生徒に罪悪感を与える。
叱るんじゃなくてね。

そうだ、校長は責任を逃れるために自殺したんだ。
責任を取るなら生きろ!
死んだ子の分まで生きてやれー!
がぉー!

しかし上に載せた教育者の取るべき対応はあくまで理想であって現実的にはなかなか難しい。
どうやって罪悪感を与えるのってきかれても俺は答えられない。
it's無責任。

でもとりあえず死んじゃダメだ!
あの校長が死んだから俺もなんて考えちゃダメだそこの校長
校長が死んだから私もなんて考えちゃダメだそこの教頭
お前が死ぬ意味がわからん。

話題はガラリと変わって、俺は今あるプロジェクトを立ち上げようとしている。
その名も、「このブログをいろんな人に見てもらうためにいろんなホームページ掲示板ブログにコメントしてリンクを貼りつけてこよう大作戦」。
内容は、このブログをいろんな人に見てもらうためにいろんなホームページ掲示板ブログにコメントしてリンクを貼りつけてこようというもの。
目的は、このブログをいろんな人に見てもらうこと。
手段は、いろんなホームページ掲示板ブログにコメントしてリンクを貼りつけてくるのだ。

またね。

ぶろぐヒサビサダ

2006.11.12

category : 独り言

tags : 女の子 クリスマス

comment(1) trackback(0)

冬になるね。
冬っていいよね。

女の子って夏より冬のほうがかわいいよね。
雪降るとわくわくするよね。
クリスマス近くなると気温は低いけど街中の雰囲気が何となく暖かいよね。
でも心が寒い。
心が寒いと胸が痛む。

しかしそれよりも

足が寒い。
血行が悪くて爪先が痛い。
心の寒さは耐えられるが爪先の冷えは耐えられん。

むんーーーーーーーーーーーーー!

またね。

俺って偽善者なのかなぁ…??

2006.11.08

category : 独り言

tags : 日大統一テスト ギター 沖縄 ニート

comment(7) trackback(0)

日大統一テストが迫っている。
日大の付属校に通う高校生は、必ずこのテストを受けなくてはならない。
日大へ進学を希望する者は、この成績によって行きたい学部に行けるかどうかが決まる。
つまり彼らにとっては入試なのだ!
うちの高校では、毎年半分近くの生徒が日大統一テストで日大への進学が決まる。
ちなみに、残り半分は推薦や一般受験で他大へ。
そんな日大統一テストを今週土曜日に控えた今、俺は衝撃的な出来事に出くわした。
俺的に衝撃的なだけで別に普通の人は普通かもしれない。

まず、朝。
真面目な生徒達が朝早く学校に来て、ホームルームが始まるまで教室で勉強をしている。
そんな中、とある友人が俺にピック貸してと言って、ギターを弾き始めた。
みんな勉強してるのによ。
それもアコギ。
切羽詰まってんのに、同じ部屋にそんなのいたら精神的に嫌だろうし、しかもアコギだから聴覚的にうるさい。
俺はピックを貸してから、後悔した。
そして注意しようと思った。
でも俺は、こいつがスゲェ自己中心的な奴だって知っている。
俺が認めるくらいだから相当の自己中よ。
だから、どうせ注意しても「俺の勝手だ」とか言うんだろうと思って、それにもうじきチャイムが鳴る時間だったので注意しなかった。

場面変わって放課後。
彼が借りたピックが俺の大切な沖縄限定のピックだから早く返してほしいってことをなかなか言えないまま放課後になった。
教室には、残って勉強するクラスメート達。
と、それを無視してまたギターを弾き始める無神経者。
放課後だったら時間が長いから勉強している人たちの迷惑になるだろうと思って、今度こそはと注意した。
「この場でギターを弾くのはどうかと思うぞ。」
「知ったこっちゃないし」
予想どおりの答えだった。
あまりにも予想どおりでつまらなかったので二の句が告げられない。
しかし本当に人のことを考えない奴だ。
そのことに誇りを持っているから大変厄介。
これなら、まだ人に迷惑をかけずに家でゴロゴロしているニートの方がましだと思った。
そこで仮に勉強してた人たちが迷惑に思わなかったとしても、彼の言動は道徳心に欠けていた。
そしてそれは間違っても誇らしいことではない!
アイデンティティーを持つことと人に迷惑をかけて好き勝手やることはまったく違うこと。
じゃあそういうお前は人に迷惑をかけない道徳をわきまえた男なのかと言われたら反論はできないけど………
俺は彼を批判しようとしているのではなく(もう十分批判してんじゃん笑 ゴメンネ)、彼の将来を心配し哀れんでいる。
だからこれまでもアドバイスはしてきたけど干渉はしてないつもり。(??)
そしてこれからも。(???)

こんな些細な出来事で騒いでる俺ってやっぱりまだ心が狭いのかなぁ。
彼を心の底から受け入れるには相当の時間が必要になりそうだ。

またね。

君がカンイチ 僕はジュリエット

2006.11.07

category : 独り言

tags : 尾崎紅葉 金色夜叉 ユニコーン 大迷惑 奥田民生

comment(5) trackback(0)

日本史の授業もたまには役に立つ。

文学史の授業にて。
尾崎紅葉の「金色夜叉」について触れた。
普段授業なんか聴いちゃいないのに、ここだけは聴いててね。

お話のあらすじは(最近あらすじばっかり説明してる気がするぞ )、
主人公の貫一とお宮が恋をしていて婚約までしていたのに、お宮はダイヤモンドに目がくらんでお金持ちの人と結婚してしまう。
貫一は怒ってお宮を蹴っ飛ばしてしまう(熱海で)。

この「貫一」と「お宮」というワードに耳がぴくっ。
そう、ユニコーンの「大迷惑」(作詞・作曲:奥田民生)の歌詞に登場するのだ!
というかこの授業を聴くまで「大迷惑」の貫一とお宮が出てくる部分の歌詞が何ていってるのかわからなかったんだけどさ。

一番では

僕がロミオ 君がジュリエット

二番では

僕がカンイチ 君はオミヤ

さらにその後では

君がカンイチ 僕はジュリエット

と、お話も性もぐちゃぐちゃになって面白い感じになっている。
ちなみにこの歌は左遷(単身赴任?)されて愛妻やマイホームと離れるのが悲しいなぁの歌なので、この二つの話との共通点は「離れ離れ」だけ。

でも、凄まじいこの曲は大好きです。


またね。

タイトルが思いつかない

2006.11.06

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

クロマニヨンズのバンドスコアが出る。
もはや耳コピという技術を身につけた俺にとってそんなものは必要じゃないのかなーどーなのかなー。

さて、CATVで放送された映画「リンダリンダリンダ」の録画を途中まで見た。
まったく話を知らない人のためにちょっぴりあらすじ説明。
女子高生がバンドを組んで文化祭でブルーハーツのコピーをやる話。ボーカルは韓国人留学生。
昨日の俺の夢と比べると何と単純な話だことか!

バンドの中には一人わがままな女の子がいる。
見てて腹が立つような。
こんな奴よくいそうだなー。
………………………………………俺だー!
バンドにわがままは不必要か。
社会集団には必ずリーダーというものがいる。
日本では古来リーダーはいなかったがムラを形成するようになってから必然的にリーダーが誕生した。
そう、リーダーがいないと社会集団はうまくいかない。
バンドという小さな社会集団にも、リーダーは必要だと思う。
そういう存在がないと、やる曲が決まらない。
やる日時が決まらない。
多少強引にでもこの曲をやるっていう人がいないといつまでもダラダラしてっちゃう。
でもリーダーはそこに主観を交えていいものなんかな。
もちろん自分の意見をもたないリーダーは情けないけど、俺の好き勝手でバンドのあれこれを決められちゃったんじゃたまったもんじゃないよね。
俺をバンドのリーダーだと誰が認識していたかはわからんけど、俺はすべて自分のわがままでバンドを動かしていたように思う。
思うというか実際そうだったのサ。

……………ゴメンネ。

これからは俺が出しゃばらない時代の幕開けだぁ!?

またね。

僕の名前はインペイ君

2006.11.04

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

オジサン達の間で、今隠蔽がブームとなっている。
まず高校の履修問題。
生徒のことを思うあまり(というのも建前で進学実績を上げたいだけなのだが)校長はズルをする。
そしてうそをつく。
そして隠す。
仕方ない、校長だもの。
自分なりにここまで人生成功させてきて、こんなことで玉に傷つくのいやだもんね。
そりゃ隠しますわ。
でも、やっぱり隠し事はいつかはばれるのね。
いじめの問題も。
ここ数年でいじめの件数0ってのはオカシイでしょ!!
ってことはきっとエライ人たちもお気付きのハズ。
これは隠すというよりもサボってた感じ。
オマケで、今日ニュースでやってた壁画についても。
20年だか30年だか前に、どっかで奈良時代の壁画が発見された。
「奈良美人の壁画」がきれいな形で見つかって、世間に考古学の興味をもたらしたとかもたらさないとか。
村はその管理をお国に任せようってなことで、文化庁に管理を委任。
文化庁は一億円かけて(当時の一億円だから……!?)設備を整えた。
しかしその管理の実態は惨憺たるもの。
防カビ用の服(何じゃそりゃ)は身につけず壁画はカビだらけになり、おまけにライトを倒したせいで壁に傷が入ってしまった。
しかもそこにわからないように泥を上から塗ったので最近になってやっと事実が発覚。
こうして傷は入るはカビで画が見えなくなるわで設備を解体。
1300年間もきれいな状態で保存されていた壁画が数十年でハチャメチャになってしまったのだ。
ひどい話じゃあーりませんかー。
文化庁の隠蔽体質がなければもっと早く対応できたかもしれないのにと言っていた。
うーむ、隠し事はほんとに良くないなぁ。

そういえば、昨日夢を見た。
舞台は荻窪。
学校の帰り道。
保護者会なのか面談なのかはっきりしないけど、母も一緒に歩いていた。
母はスーパーに寄り道した。
実際は通学路にはスーパーは存在しない。
俺はその間暇だから\100ショップ・キャン★ドゥにいた。
これは実在。
今時の百均は四つで百円コーナーとか色々思考を懲らしてくるなーなんて考えながら、電卓を購入して外に出た。
しばらくして、俺はあることに気付く。
四つで百円ならあと三つもらえば良かったな。
しかし俺の買った電卓は四つで百円ではなくフツーに一つで百円の商品。
何を思ったか俺はお店に断りもせず電卓を三つ持ち出してしまった!
その後母と合流して帰る途中、やっと気付いた。
俺が見てた四つで百円コーナーって、電卓と違う売場だよな…?
じゃあこれ持ってきちゃったらまずいんじゃねーの!?
だいたい電卓を四つも必要とする人はいないだろ!
返してこなきゃと思ったけど、推薦のことがあるし今何かごたごたがあったら取り消されてしまうかもしれない、と考えたら返しに行く勇気がなくなった。
それに今は母親と一緒だし事情を話すとめんどくさくなりそうだから、とりあえず返しに行くなら明日学校の帰りにしよう。
と逃げた。

夢の中の俺は俺が思っている以上に小さい人間だった。
目が覚めて安心したもん、夢だぁ~って。
俺も隠し事する大人になってしまいそうだ。
あー嫌だ嫌だ。

………………変な夢。

またね。

新曲登場。

2006.11.03

category : 歌詞

comment(3) trackback(0)

「PEOPLE」
巻き付いている 人々が
竜巻に さらわれる
友達を 助けなくては
大切な お友達だけ
いやらしい世界に
生まれたな
小さくて 見えなくて
悔しがる 男の子
見るからに 大きく強い
人だけが 相手にされる
くだらない世界に
育ったな
しょーもない世界で
消えるのか

「クリスマス」
汚ぇ クリスマス
汚れる 街並
公害 公害 公害 公害
サンタ 来たぞ
逃げろ ケガれる
公害 公害 公害
小金井でもニューヨークでも
街はクリスマス
男も 女も
イカれる 恋人
公害 公害 公害
小平でもロンドンでも
街はクリスマス

またね。

ブログの存在

2006.11.03

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

高一の時、悩みは作曲にぶつけた。
高二の時はバンドに。
高三ではブログに。

今やこのブログは俺にとってかなり大きな存在になっている。
書くことがあんまりないんだけど、書かないと落ち着かない。
だから今日もこんな切り口で特に言いたいことないけど書いている。
実はこのブログは去年の3月から始まっている。
まだ高一か。
パソコンで見ていた人はご存じかもしれないけど、デザインを変えながら160近くの記事を綴ってきた。
内容はともかくとして、数がすごいな。
他のブログと比べると、俺のはバリエーションが豊富。
ただの日記を書くこともあれば、悩みを書いたりポエム?を書いたりギャグを書いたり。
ーん、マルチにイケるところが俺のいいとこだな(自画自賛)。

よし、また次回もダラダーラな感じで行こう。

またね。

久々のポエム

2006.11.01

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

はしるはしる
あるくあるく
とまるとまる
なやむなやむ
わかるわかる
はしるはしる
じこるじこる
やすむやすむ
なおるなおる
はしるはしる

またね。
プロフィール

ひが

  • Author:ひが
  • The 新社会人

    怒濤のコンプライアンスでやんす
counter
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
忍者による解析

Copyright ©名も無きブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。