名も無きブログ

音楽×自転車×雨=ひが

たのしくなかったなー

2007.05.31

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

この頃水曜日は必ず体調が悪い。
先週はずっと休みだったので水曜日何をしていたか忘れたが、毎回毎回ドイツ語Ⅱの授業前に腹が痛くなる。
運が悪けりゃそのまま導入演習まで持ち越し、腹痛、眠気、ダルさと戦いながら意見しなきゃならない事態になる。
もう水曜日は嫌いになった。
しかも今日(日付的に昨日な)論文が添削されてCをつけられて返ってきた。
その上プレゼンテーションで焦って順序を省いたせいもあってか笑いをとれるはずのところでわずかな失笑を買った。
挙げ句の果てに隣の女の子に話し掛けられた。
導入演習という授業はクラスで俺のみが話し相手がいなく、その孤独な様子がおもしれーっていう話を前にしたと思うのだが。
僕は寂しがり屋だからそれはとても嬉しい、舞い上がるような(そこまで?)出来事なはずであるわけなのだが、俺は思いがけないタイミングで思いがけない人物に思いがけない話題を振られると、何ーも喋ることが出来なくなるのだ。
みんなそうなのかもしれないけど。
特に俺は何ーも喋れなくなっちまうんだ。
今日だって「あ、あー」くらいしか言えなかったんだ。
でそのくせあとになってスッゴいくよくよ考えちゃうんだ。
俺のことを何と思っただろうか。

はー。

今日はたのしくなかったなー。

バイトも0時まで6時間も入ってくたびれたし。

はー。

今日はたのしくなかったなー。
スポンサーサイト

たのしかったなー

2007.05.30

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

20070530015555.jpg

学校がとうとう始まった。
夏休みが削れるのは9月の方らしい。
いやらしい削り方である。

でサークルでスタジオ入って練習するのは2回目だったわけなのですが楽しかったなー。
正直大学のサークルは過去の記事にも書いたかも知れんけどオリジナル曲が出来ないからただの楽器サークルだと思って期待してなかったんだけど。
技術だけ向上すりゃいいやみたいに思ってたんだけど。
今日の練習は楽しかったなー。
ユニコーンってのがいい。
で俺以外みんな先輩だから上手いってのがいい。
でその先輩たちが優しいってのがいい。
高校のときの先輩とは大違いさ。
思い出させんじゃねーよ。

やっぱ技術向上は時間がもったいないからやめる。
楽器弾いて楽しい感じになる。
っていう場所にしよう。
サークルは。
難しいのとコブクロ以外だったら何でもやるよ。
ベースで。
過去に大塚愛だってやったことあるんだ。
何でもやるのさ。
でもギターもやりたいから諦めてエフェクター買おうかな。
ドラムもやる。
タムまわしのない曲なら多少出来るし(そんなんあるか?)。
いざとなったらブルース・ハープやウクレレだってあるんだぜ、俺には。
そして何といっても俺はとっても個性的で面白いんだぜ。













外見がな。

細いっつの。
短いっつの。
小さいっつの。





最近髪の毛とスネ毛が伸び、髭がほとんど伸びる様子がない一方で陰毛が抜けやすい男、中央大学某バンドサークルに地味に登場。

イメージでの話だから俺も実はよくわかってねーんだけどさ。

2007.05.28

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

音楽ってのは突き詰めて言えば「音を楽しむ」ことじゃない?
それに対して曲ってのはコードありリズムありメロディありでわりと型にはまってるイメージじゃない?
完全と不完全の話にも似てくるんだけど。

まぁだから音楽を作るってのは曲を作るっていうのよりもより「何でもあり」な感じがするわけだぁ。
音が楽しければ音楽になるかもしれないんだからさ。

でそういうイメージで言えば俺はこれまで「いい曲」を作ろうと思って曲作りに励んできた。
しかしよりグローバルなものを求めるんなら、「いい音楽」を作ろうという志を持った方がいいと思うのだよ。
例えばアルバム一枚作ろうとしたときに↑THE HIGH-LOWS↓のベストアルバム「FLASH」みたいに「いい曲」ばーっかり何曲も詰め込むのもありなんだけど、その中に何曲か「曲でない音楽」を取り込んだ方がメリハリついて面白いんじゃないかって思うんですよ。
味が出るのね。
やかんでも叩いて面白い音出せばいいっていってんじゃないのよ。
もちろんそれもありなんだけれども。
そういう「曲でない音楽」、「音としての音楽」を盛り込んでいったらアルバムを一枚聴き終えたときの印象が大分(おおいたじゃないよ)ちがうと思うんだ。
目立たなかった曲も目立ってくると思うんだ。
だから俺はね、曲を一曲ずつ作るっていう考えよりもアルバムを一枚作るんだっていう風に考えていったほうが絶対に面白いしいいのが出来ると思うんだ。
アルバムって一つのドラマじゃないか。


そう考えていくと、何のためにシングルがあるのか俺にはわからない。

いつまでも押しボタン式信号機のボタンを押し続けてるような人間はせっかちだ(ゴメン豪快にパクった)

2007.05.27

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

世の中が気に入らないからといって世の中を変えようとするのは現実逃避である。
一人の人間によって世の中を変えるなんて出来やしない。
じゃあどうしたらいいかっていうと自分が変わるしかないんだよ。
世の中を自分に合わせるんでなく自分を世の中に合わせないといかんのよ。
今の日本の教育制度は間違っている!
といくら叫んだところで教育制度は一向に変わらない。
そいつに納得するためには、自分で意識改革して今ある教育制度を好きになっちゃうしかすべがないんだ。

だからそういう世の中が気に入らない系の犯罪者さんはこの記事を見て考え直してほしい。
そして更正してほしい。



そして俺を含め自信過剰な童貞さん達にも見てほしい。
女の子達の価値観はお前さんの力じゃひっくり返せないから、諦めて自分を変えろ。
しかし












俺にはそれができない。

不完全が好きなのさ

2007.05.26

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

自分は不完全でいたいのさ。

そもそも完全な人間なんていないのだけれどもさ。
そりゃ人間レベルで考えるからそうなるわけでね。
部分的に見たら完全な人間ってわりといるじゃないか。

で完全なものって不自然だから好きじゃないんだよね。
そして不完全なものは凸凹があって面白いから好き。
マッチョなのにチキンとか。
楽しい奴なのにナイーブとか。
歌声いいのに浪人生とか。
楽器弾けるのに歌えないとか。

音楽に対してもそれはね。
JーPOPは完全を求める。
だから単調でつまらない。
僕の大好きな甲本ヒロト氏や真島昌利氏もたまにそっちに走ってしまうのはちょっと残念だ。
でも彼らはその残念を打ち崩す強力な何かを持っているから、許される。
あと例外的にユニコーンの「すばらしい日々」も許される。
あれは何もかも完全だけど好き。
久々にTHE WHOを聴いてみると中途半端が逆に心地よい。
「マジック・バス」の良さがわかるようになったんだー。

そういえばこのブログも不完全であるという点においてはなかなか味があって素敵だよなぁ。

で。

2007.05.25

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

拍手って何だよ。

早く「アジアの缶詰」を完成させよう。

2007.05.23

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

歌詞を重視するんなら歌詞カードだけで十分じゃないか。
大事なのは音をきいたときのことばの響きなんだよ、響き。
歌詞の意味を考えてる暇があったら心で響きを堪能しよう。

って気付いた。
そしてさぁそろそろ曲を書き始めよう。
今年中に100曲達成するんだ。
あと20曲弱だ。

良い曲を作るよりも面白い曲を作りたい。
サプライズだらけのびっくり箱みたいな曲を作りたい。

見本は井上陽水奥田民生だよなぁ。
井上陽水だけじゃダメ。
奥田民生だけでもダメ。
井上陽水奥田民生じゃなきゃダメ。

転調にびっくり。
言葉の響きの美しさにびっくり。
曲構成にびっくり。

普通の人たちにうける必要はないんだ。
ミュージシャンたちがおおっと驚き面白がる曲を作りたいんだ、今は。


ああそうだそれよりもビートルズ聴けばいいのか。

こんな妄想をするんだ。

2007.05.23

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

2008年10月6日、23時55分。
華の10代があと5分で終わろうとしている。
結局俺は予定を4年過ぎてしまったこの時でも童貞を卒業出来ないでいる。
家族はもうとっくに寝た。
部屋で1人、クロマニヨンズのセカンドアルバムを聴いている。
11曲目の途中で俺は成人になった。
童貞卒業どころか彼女の1人も出来なかったなぁとふがいない10代生活を振り返る。
その時、突然部屋に不審者が侵入。
手には「ドッキリ大成功!」と書かれたフリップが。
当然俺は戸惑う。
「何ですか一体??」
「ドッキリです!ご苦労様でしたー。」
「えっ…!?」
聞くところによると俺の生きてきた20年間は意図的に作り上げられたドッキリ番組だったらしい。
「つらい人生でしたよね!?」
「いやつらいはつらいですけど…これくらい普通なんじゃないんですか??」
「普通じゃないですよ!かなり過酷な試練を与えてきたんですから!」
「ていうか今まで俺が本気で悩まされてきたこととか全部テレビで放送されてるんですか??」
「はい!毎週大爆笑です。」
「最低…」
「まあ、しょうがないですね面白いんだから!」
「あの、人生って本当はもっと楽しいんですか??」
「楽しいですよ!ではこれから本当の楽しい人生を送っていただきましょう!」
それからの生活は凄かった。
まず顔の皮膚を一枚ぺろんとはがしたら下には凄くイケメンな顔が待っていた。
俺こんなにかっこよかったんだ。
そして1日寝ただけで背が15センチ伸びた。
一気に185センチの巨人となった。
声もいつの間にか高くなっていた。
シまで楽に出るようになっていた。
これで自分の歌が歌える。
そしていざ人前で歌ってみるとみんなが俺の曲の虜になっていった。
友達がいつもそばにいてくれるようになり、かわいい女の子たちも俺に寄ってくるようになった。
みんなが俺のいいところを認めてくれる。
さらに、本当の人生ってものは勉強なんかしなくてもいいらしい。
スポーツしなくても健康でいられるし体が強くなるしモテる。
ほいでもっていくら待っても年を取らない、永遠の18歳でいられる。
もう、今まで思っていた常識が全部ぶっ壊されて、ただただ人生が楽しくてしょうがない。

しかしそんな幸福は存在するわけがないし幸福かどうかも疑わしい。
結局人生てのはうまくいかないようにうまく出来てんだな、ちくしょー。

ラーメンたべたい

2007.05.23

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

世の女性の大半は

夜中に食べるカップラーメンの美味しさを知ることが出来ない。

太るのだそうだ。

でも俺は食うよ。

昼でも夕方でも夜中でも食うよ。

朝は食わないけど。

とりあえず夜中は何食っても美味い。

チョコだってゼリーだって食うぜー。

ジュースも牛乳も飲むぜー。

夜食ったら朝出せばいいって話。

自転車20分もこいだら脂肪はとれるさー。

ウフフフフゥ。

童貞の美しさがわからない奴は性病になってしまえ。

2007.05.21

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

綺麗事か?
お人よしか?
バカか?
俺は「死」が嫌いだ。
誰が死ぬのも嫌いだ。
ニュースなんかみてても、よそんちの事件でも人が死ねば結構凹む。
この前のどこかの立てこもり事件でお巡りさんが死んじゃったのもだいぶ凹んだ。
暴力団なんかいなきゃいいとは思うけど死ねばいいとは思わない。
更正しろ。
テロリストもいなきゃいいとは思うけど死ねばいいとは思わない。
更正しろ。
いちゃいちゃカップルも、どんくさいおばさんも、ムカつく先生も、絶対に死ねばいいとは思わない。
その辺は俺側に原因があるからな。
別に無理して死んでくれる必要はないんですよ。



んー、とりあえず悪い人が死んでも良い人が死んでも俺凹んじゃうからみんな死なないで。
誰も殺さないで。
そして小学生じゃないんだからすぐに「死ね」という単語を使わないで。













ていう誰の胸にも届かない俺のメッセージね。

看護師のアルバイト

2007.05.20

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

はーい。
注射しますねー。
あ、間違えましたー。
注射の前に浣腸でしたねー。
じゃあおしり開けて下さーい。
あ、間違えましたねー。
おしりに注射器入れちゃいましたー。
痛いですよねー。
血が出てますねー。
今絆創膏持ってきますから少々お待ちくださいねー。

はーい、持ってきましたー。
あー、間違えてマキロン持ってきちゃいましたー。
少々お待ちくださいねー。

はーい。
持ってきましたー。
ただいまキャンペーン期間中なんで絆創膏1㎝長くなってまーす。
あー血がすごいですねー。
あ、拭いておくんで気にしなくて大丈夫ですよぉ。
痛くて浣腸できないと思うんでお先に注射しますねー。
注射しながら採血もしますねー。
はーい血ぃ採れましたー。
あ、採りすぎましたー。
1リットルは採りすぎですよねー。
あ、倒れましたー。
貧血ですねー。
あ、こちらの1リットルの血の方ストローお付けしますかぁ??

お給料日まであと1週間くらいだねー

2007.05.19

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

誰だ、俺に「髪の毛を思いっきり引っ張ると丈夫になるよ」と教えてくれたホラ吹き野郎は
抜けちゃうじゃないかよ。


ところでとうとううちの大学も休校になってしまった。
流行に流されやすい大学だとは思っていたがやはり病気に関してもトレンドには敏感であったか。
課題を済ませるのにちょっと余裕が出来る。
バイトとバンドと買い物をする暇が出来る。

そう、バンドだ。
ようやくサークルでバンドが出来ることになったんだ。
湯にコーンだ。
スーパーロックギタリスト、おれ

こうして改めて楽譜を見てみると間違いだらけで面白い。
TAB譜と音符で音が違ったり。
記譜されてない音がCDでしていたり。
で、結局楽譜に頼らず自分の耳に聞こえた音を頼りにベースを練習する俺。
だからうまくならないんだな。

なー。

世の中は間違ってないさー 俺の方が生き方をちょっと勘違いしちゃっただけなのさー タイトルなげーよ あーいーうえーおーーー♪

2007.05.18

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

昔何かの自分の曲の歌詞に入れた記憶があるけど


他人に嘘をつけずに自分に嘘をついている。


いや他人にも嘘をついていないことはないか。
でもそれももともとは自分に嘘をついているのが原因のような気もするし。





あ、あと俺はどうして他人に咎められたことを素直に受け入れて凹んでしまうんだと思う。
頑固な意思を持ってるつもりだが指摘を受ければすぐ崩れる。
外には出さないけど凹んじまう。






あとねぇ、欲が多くて困る。
欲の少ない人ってのはきっと欲求不満が少なくてたのしーだろうな。
ってたまに思う。
実際それはわからないんだが。
あれもほしい これもほしい の人は欲求不満が多くてつらいね。
でも欲しいものが手に入らないってどうしようもないよね。
思い通りにならないのってどうしようもないよね。
すごくおなか痛いときくらいどうしようもないよね。






どっかのかっこいいロックンロール屋さんが

ストレスこそが 活力源だ

とか何とか歌ったとか歌わなかったとかなんだが
まさにそのとおりだと思う。
しかし悩みは絶えないがストレスを感じないので
ただ頭の中がジメジメしているだけでつまらない。
ムカつかない。
気分悪くなるけどムカつかない。


だから近づいても平気だよ。

スパムメール

2007.05.17

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

最近スッゴイ儲かってます!

新たなビジネス!っていうほどのものでもないんですが…(;^_^A

人妻とセックスするだけで一人5万円もらえちゃうんです。

僕も最初は疑っていたんですが、登録して実際会ってみると普通に綺麗な方ばかりで、お金までもらって大丈夫かなぁって思っちゃいました。

僕がいままでに相手してきたのは9人です。
で、1ヶ月で100万円以上も稼いでしまったんです。

今日はその体験談を教えてあげますね!

1シヅエさん(89歳)
さすが人生の先輩、熟練したテクニックを駆使していました(笑)。
体が小さいのに胸が大きく、抱きやすい方でした。
お金は年金ふた月分くらいいただきましたが、先日お亡くなりになりました。

2ゆうぞうさん(42歳)
ゲイの方でした。
ゲイにはゲイなりのセックスの仕方があるらしく、勉強させてもらいました。
意外にもセレブゲイで、3分という短い時間のセックスだったにもかかわらず10万円いただきました。

3和佳子さん(33歳)
スレンダーな感じで見た目はきれいな方でしたが、ド変態でした。
とにかくずっとヤっていたい、という願望を持っていて、前戯だけで9時間、挿入して6時間、またじゃれあって6時間、という感じで終わってみればまる二日間一睡もせずセックスをしていました(笑)。
僕のムスコは限界まで使いきって使い物にならなくなって(EDです)、しょうがないから和佳子さんにあげたら次の日道ばたに捨てられてました。

もったいないから食べちゃった。

何が何だかわかんにゃいよ

2007.05.16

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

もう、何が良くて何が悪いのかわからなくなる。
自分で喋っていることも、何が本音で何が建前だかわからなくなる。
何がマジで何がギャグだかわからなくなる。
本音で喋った方がいいのか建前で喋った方がいいのかもわからなくなる。
それを意識して喋った方がいいのか意識しないで喋った方がいいのかわからなくなる。
どちらであったにせよ、「いい」ことが正しいのか間違ってんのかわからなくなる。
正しいのがいいことなのか悪いことなのかわからなくなる。
正しいことしかないことが正しいのかわからなくなる。
結局何でもよくなってくる。
とにかく笑えればいいって思ってくる。
楽しければいいって思ってくる。
でも楽しいだけがいいことなのかわからなくなる。
楽しいだけが正しいことなのかわからなくなる。
楽しいだけが楽しいことなのかわからなくなる。
こうして先のことを色々考えるのがいいことなのかわからなくなる。
でも臆病なので考えてしまうま。

最後にしょうもないダジャレでとぼけたふり。

カープはベルトまで赤い。

2007.05.14

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

プロ野球チップスやけに高いと思ったら今時のは2枚入ってんのな。
謎だよな。
一枚の方が儲かると思うのに。

実に約3年ぶりにプロ野球チップスを買ってみたらなんと運良く2枚ともカープの選手で、黒田と東出だった。
ていうかどの袋も同じ球団の選手が2枚入ってるのか??

俺からカルビーに一つアドバイスがあるんだが、カードが入ってる方の袋が取り外しづらくて開けたときにカード折れちゃってるから改良して。
あとハサミ無しで開けられるようにした方がいいと思うぞ。
アドバイス一つじゃねーじゃん。

母の日だったね

2007.05.14

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

マッサージ券

感謝の意を込めてお母さんに何かしてあげましたか?
僕はマッサージしたよ。
何でもかんでもやってもらってばかりだから一年に一回くらいは少しでも恩返ししなきゃね。

綺麗事は言わないよ。
本気の感謝だよ。
ありがとさん。

人をバカにするのはよくないなぁ

2007.05.11

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

自分を疑ってみると言ったが
まずその手始めに
人をバカにするのをやめた。

今までは何か小さいことでもすぐに
心の中で他人を罵倒していた。

サークルの新歓ライブを見に行けば
ギターが上手くても曲が作れなきゃタコだ
と思ってた。

カッコよくても
スポーツできても
頭がよくても
個性がなけりゃタコだ
と思ってた。

それに気づかないオナゴ共もやはりタコだ
と思ってた。



それをやめてみたとき
はたと気づく。

俺は何と傲慢な生き方をしていたんだろう

何故ここまで自己を正当化して
寒さをしのいでいたのだろう

でも意識してないと
忘れちゃって
無意識のうちにまた
人をバカにしてしまうので
気をつけようと思う。




明日からTSUTAYA旧作半額だ。
何か借りてこよう。









ダビングサービスがあればAVを借りるのに。
プレステージのAV見るのに。

I am not UNKO!

2007.05.09

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

そんなにけちょんけちょんに言われたら俺だって凹むじゃないか。
情報処理の時間、知ってることもしくはいじってればわかることばっかり授業でやらされるので、考えた。
このブログを読んでくれてる人は俺の言ってることをわかっているんだろうか。
というか俺のことをわかっているんだろうか。
自分の価値観に当てはめて考えるから無茶言ってるように聞こえるんじゃないだろうか。
俺の歩んできたヒストリーや性格やらをちゃんと理解して見てくれているのだろうか。
その上での批判的コメントなら大変ありがたい。
いやありがたいの一言で片付けられないくらいありがたい。
でも当然ながらそんなことはあり得ないわけで。
価値観の相違が生まれるのも当然だ。
とりあえず俺はこのスタンスでブログを書き続けるつもりだが、日常生活の中で少し意識を変えてみようと思う。
自分を信じないのだ。
常に自分を疑いながら生活してみようと思う。
そしたら何か変わるかもしれない。
いや変わるわけないじゃん。
とさっそく自分を疑ってみた。
あ、これじゃ何も始まらないや。

それにしてもこうやって何か悩んでる時の奥田民生の歌は本当に胸に染みる。
とくに単語の羅列はグッとくる。
「息子」の最後らへんの
そうだ 憧れや 欲望や 言い逃れや
恋人や 友達や 別れや…
など言葉だけ並べても何もわからない歌詞も、民生が歌えば感動して涙が出そうになる。
とか何とか思いながら学校の帰り道を歩いていたら、ハエにたかられた。
多摩動物公園の近くだからか。
いやでも周りの人のところにはたかってなかった。
俺にたかってた。
一人だけハエを手で払っていて(しかも周りから見たらハエなんか見えてないだろうから何を踊ってるんだという風に見えただろう)恥ずかしかった。
俺はうんこではない。

あ、感動が台無しになりましたっていう感動的な話ね。

ちょっとした話

2007.05.09

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

今朝、電車でこんな本を読んでるやつがいた。

「10分間で元気が出る本」

そんな本を1000円出して買うくらいならブックセンターいとうに行ってブルーハーツのファーストアルバムを買ってこい。
あれ聴いたら3分で元気出るだろ。

と心の中で一人呟く俺。

他愛もない話

2007.05.09

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

筋トレした。
腕立て伏せ100回のやつ。
あれちゃんと数えとかなきゃダメだな。
いつも(いつもって毎日じゃないのよ、思いついた時にね)何か音楽かけながらやるから、そっちに気をとられちゃって今何回だか忘れちゃう。
あれ、これで50回だっけ、60回だっけ??
そういう時は自分に甘えちゃうのは嫌だから少ない方を採用する。
また音楽に気をとられる。
あれ、70だっけ80だっけ??
また少ない方をとる。
最終的に100回終えてみたところで、
今日何か多かったな…
と気付く。
だからちゃんと数えとかなアカンですよ。

ところで短髪がなかなか不評である。
お世辞で「いいじゃん」と言ってくれる人はいるのだが、とある女の子には「もうちょっとイケイケの髪型にした方がいい」と言われ、とある男の子(年上だけどさ)には「ハゲじゃん」と言われた。
悪いけどハゲじゃない。
俺は結構好きなのになぁ。
栗みたいでかわいいかなと思ったのに女の子ウケが悪いから、これ以上短いのはやめよう。
セブンイレブンのでっかい鏡で遠くから見たら、栗というよりはお笑い芸人みたいだったし。

明日は(今日か)28℃も出るらしい。
夏じゃないか。
今日(昨日)天気予報で暑くなるというので思い切ってサンダル履いて学校行ったらさすがに浮いた。
下駄履いて行ったら悲惨なことになってたな。
あと半袖のシャツ一枚で行ったら教室が寒過ぎて思わず寝てしまった。
いくら暑くなるといっても上着が必要なんだと学習した。
でも外で脱いで中で着るなんて何かおかしくないか??

あっ、そうですか。

なんかごめん

2007.05.09

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

このまえのきじのせいでみんなのこめんとが
ぎゃぐとかまじとかにこだわりすぎてて
かわいそうになってきちゃった
むししていいよ

俺の代わりがいた

2007.05.08

category : 独り言

comment(5) trackback(0)

大学に入って「友達」が出来なくてショボくれていた時、一人のアホが現れた。
彼とはサークルの新歓コンパで出会った。
俺と同類の人間が、小平から同じ学校に通っていたのだ。
その名も稲猿。
これ本名かどうかわからないけど。
価値観も性格も似ていた。
彼が俺の友達になってから俺は生きる元気を失った。
今まで俺の周りにユニークな人間がいなかったから、それが俺の個性であり、専売特許だった。
俺の数少ない長所のうちもっとも強いのがユニークさであった。
これは自分を客観視した感想である。
そのユニークさを、彼はばっちり装備している。
しかも我が物顔でそれを振り回している。
いや彼にとっては我が物だから仕方ないんだ。
でも、それはショックなのだ。
そのユニークさは俺じゃなくても持ってる人がいる(しかも彼の方がレベルは上だ)。
俺の代わりがいる。
俺はいなくても変わらない。
何のために生きてるんだろうかと考えさせられる。
俺の個性って、そういう独特の価値観と面白さを持ってるっていうことなんでしょ、要するに??
でそれと同じかもしくはそれ以上のモノを持った人間に出くわしたらどう思う??
絶望の淵だ。
俺じゃなくてもいいんだって思わざるを得ない。
存在否定。

やはり俺の見てきた世界は狭かったのだ。

これからどうしようか。
彼と同じ生き方をするわけにもいかないし、今さら普通の生き方なんて出来やしない。
俺の個性だと思っていたものを封じ込め、ピーマンのごとく中身のない空っぽな人間になろうか。
早く人生終わんないかなー。
普通の人に生まれてみたい。

んふっ

2007.05.06

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

幸せな環境で幸せを感じられないのは不幸だ。
不幸な環境で幸せを感じられれば幸せだ。

ところで毎回毎回コメントをたくさんもらって本当に本当に嬉しいんだけど、ギャグ記事にマジ批判している君たちを見ていると腹の底から笑えてくる。
ごめんよ。
俺は別にいいんだよ。
君たちがそうやってギャグ記事にマジ批判することによって自分を正当化して俺を言い負かしたような気分になって楽しけりゃそれでいいんだよ。
でも俺は悪いけど笑う。
マジ記事にマジ批判も笑えるけど、ギャグをまともにとってしまう人たちを見ると素直でいい子達だなあと思っちゃう。

今日はショッキングな事件があったからちょっと機嫌が悪いんだ。

俺の胃袋は、宇宙だ!?

2007.05.05

category : 独り言

comment(4) trackback(0)

俺の鼻の穴は、宇宙だ
何か今日は鼻くそがすごい。
ほじればほじるほど出てくる。

俺の靴のサイズは、普通だ
26.0cm。
身長低いけど足のサイズは普通だ。

俺の最寄り駅は、府中だ
結構どうでもいい情報である。
これは京王線での場合なので、中央線だったら武蔵小金井駅だ。

俺の人生は、苦痛だ
別にいばって言うことではない。
ていうか俺だけじゃないんでしょ?

俺の妹は、夢中だ
…何に!?

恥ずかしい

2007.05.05

category : 独り言

comment(4) trackback(0)

個性個性と言うけれど、俺は「これだけは誰にも負けない!」ってもんがない。
俺よりベース上手いやつも俺よりギター上手いやつもその辺にゴロゴロいる。
作曲もそうだし音楽に関してはそうなんだよ。
で俺より絵が上手いやつだってゴロゴロいる。
俺より文章が面白い須藤もいる。
俺よりくだらないアイディアをいっぱい持ってる人だってたくさんいるんだ。
俺より深く物事を考える人間もそこらじゅうにいるんだ。
あー中途半端でダメだな俺ってやつは。
大した人間じゃないなぁ。
小さいなぁ。

個性が何だのって言えるご身分ではないのかもな。

する事ないからネガティブになってみた。

青春時代

2007.05.04

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

僕は筋肉が嫌い
あなたは筋肉が好き
僕はあなたが好き
あなたは僕が好きじゃない

僕は見えない力が好き
あなたは見える力が好き
僕はあなたが好き
あなたは見えない力が見えない

僕はあなたの顔が好き
顔しか好きじゃない
あなたの魅力ってのは
顔しかないから

懐かしいな、青春時代。

いつもタイトルに悩まされる。

2007.05.03

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

かわいい女の子が普通の人しか好きになれないんなら、僕達は消えちまったほうがいいんだ。

適当な人間の中でうずもれて退屈と寂しさを紛らすくらいなら独りの方がましだ。
独りの時間ってのは何だか世の中を客観的に見ることが出来る気分になるんだ。
自分以外のすべてを見下すんだからそりゃ気持ちいい。
そうやって心の中であらゆるものをバカにしていって、最後に自分を客観的に見ると笑けてくる。

何をバカなことを考えてるんだ。
世の中を見下すことが出来る程のご身分か。
寂しさを紛らすためにそんなこと考えてたって、結局奴らと違ってお前は独りぼっちなんだよ。
お前が社会を見下した気になってる間にお前は社会に見下されてんだよ。
その証拠にお前は今周りに誰もいないじゃないか。

と自分に問い詰めると、今度は自分をバカにする。
バカだなぁって。
本当に笑っちゃう。
家でも街中でもバイト先でも学校でも。
ところかまわず俺は自分をバカにする。

傷口を広げて何が楽しいんだかわかんないな。

楽しい仲間がいる時はもちろんそんなこと考えない。
というか無意識だ。
まるで自分がそこにいないかのように何も考えずに楽しむ。
楽しいから仕方ないよ。
気の置けない仲間同士だから気の効いたこと言わなくていいんだからさ。
だから一人で悩んでたことよりも仲間と過ごした時間のほうが忘れやすい。

こういう生き方もありなんだ。

日記書いてんじゃねーか

2007.05.02

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

水曜日の時間割は、
1ドイツ語(Ⅱ)
2導入演習
3情報処理
である。

1限から授業があるということはすなわちAM7:00に起床せねばならんちゅうことで、大変なんである。
高校の時は当たり前だったのに。
今はそんな体力はない。

しかし。
今日教室まで行ってみると、先生がなかなか来ない。
15分経っても来ない。
前に座っていた女の子達が、「今日休講じゃない!?」と話し始める。
「そういえば人少ないよね。」
「絶対休講だよ!」
このクラスで俺は話せる人がいないので、その女の子達の会話を聞いてるしかなかった。
30分経った。
先生はまだ来ない。
休講が確定した。
30分先生が来ないと休講、という制度なのだ。
前の女の子達もよくそんなこと覚えていたもんだ。
どうしよう。
あと一時間暇だ。
とりあえず図書館で、導入演習で扱う本を奥田民生の「サーキットの娘」を聴きながら読んだ。
全然集中して読めなかった。
受験生時代と比べてホント集中力がなくなったもんだ。
もう思い出したくないけどな。
場所を学部棟のベンチへと移し、睡眠をとることに。
想定外の座り心地の悪さに驚き、仕方なく読書再開。
→やっぱり集中出来ない!
ていうか何か珍しく動きたい気分。
スポーツしてぇ。

スポーツ出来るわけもなく、しょうがなく外をブラブラ歩いた。
BGMはクロマニヨンズの「紙飛行機」、「ワハハ」、「チンパンマン」。
最近息抜きしかしてないなぁ。

そんなこんなで時間を潰し、ようやく導入演習の時間に。
テロ後の世界について?の本を読んでプレゼンテーションをする、ゼミである。
その本の中に、「北の先進国と南の途上国の権力の格差をなくすには、南の核武装しかない」的なことが書いてあった。
それを見て俺がパッと思いついたのは、「北の核放棄」だった。
そのほうが平和じゃないか。
金もかからないし。
テロは北による南への抑圧が原因、ということらしいので要は対等な立場に立てればいいのだ。
という意味で発言したら現実味がないと言われた。
「じゃあそれをするにはどうしたらいいと思うんですか、東村君は??」だ。
知らないよ。
てか名前が違うよ。
ゼミで夢のある話をしてはいけないんですか。
第一そこで具体的な方法が見つかったって世界は変わらないのだ。
それならロマンチックな話をしたいじゃないか。
萎えた。
みんなのプレゼンテーションを聞いていると、細かいところに注目しすぎていて、一番問題な「アメリカの権力の大きさ」というところを深く掘り下げないで話を進めてる感じだった。
核心に触れなくていいらしい。
萎えた。
唯一面白いと思えるのは、俺のおかれているシチュエーションである。
このクラスで友達と話をしていないのが俺だけなのだ。
つまり独りぼっちがクラスでただ一人、俺だけなのだ。
この気持ち、何だろう。
客観視したら面白いんだけど、主観に戻ると切なくなるんだねぇ。

バンドをした。
ライブ後初めてベースを触った。
楽しいなぁ。

ぎゅーにゅー!
プロフィール

ひが

  • Author:ひが
  • The 新社会人

    怒濤のコンプライアンスでやんす
counter
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
忍者による解析

Copyright ©名も無きブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad