名も無きブログ

音楽×自転車×雨=ひが

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党は笑いだす

2007.07.31

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

ある一つのことで頭がいっぱい。
他の人との接触を断ちたくなるのはしょうがないことじゃないか。

雨上がりの朝焼けを見たいと思って窓から抜け出して外に出た。
曇っていてお日さまは見られなかった。
小金井公園まで自転車を走らせる。
昨日来たメールをもう一度読み返して泣いた。
大規模な号泣をした。
感動した。
僕の心の鉄壁を打ち壊せる人がよくいたもんだと。
どんな19年を生きればそんなことが出来るのだ。
悲しくない涙を流したのはあくび以外では初めてなんだ。

何僕はマザー的な存在を求めていたのか。
今だけか。
昔からか。

立川への思い入れがキャナーリ深くなっている。
スポンサーサイト

English-da.

2007.07.31

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

She said, "You need a partner."
"To improve the situation you standing, you need a partner."
I was shocked at the words.
And I thought so deeply.
My idea is that, if I found my partner, she would give me something important for me and I could be relieved.
But I can't give her something she needs.
I can only receive.
So I think, my love must not last so long.


Tsumari korewa kanashii kotoda.

ゼミ飲み②報告

2007.07.30

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

1ヶ月半ほど前、確かに俺は浮かれていた。
第1回ゼミ飲みが自分の中でかなりの収穫になっていたからだ。
そのあからさまな浮かれ様は無様にもこのブログにも掲載されている。
その直後、そのゼミとも少し関わりがある事件がゼミと関係のないところで起こった。
それから暗黒時代が幕を開け、いついかなる時においても悲観的になり、自己を否定し、他を否定し、すべてぐちゃぐちゃになるという事態が巻き起こった。
自分の居場所をトイレに求め、朝が来ないことを願いながら眠りに就くという悲惨な人間へと化した。
それから1ヶ月が経とうとしていた頃、生意気な文庫本と一通のメールによって自己カオス状態はかなり改善した。
そのメールによる新たな悩みを息絶えさせながら夏休みイベントをこなしていた中、その一環として第2回ゼミ飲みが開催された。
しかし結果的に誰もアルコールを飲まない新手の飲み会となった今回の行事にて確実に人より多く金を払った気がするわけだが、お金では買えないような価値のある物を手に入れた。
手に入れたというと変な感じだけれども。
もう、この先俺どうなるかわからないけど、その中で絶対に必要になってくるようなものを見つけた。
ものじゃない。
人だな。

ブルーになったら助けておくれ。

浴衣美女たちが僕を誘惑してくるんですが

2007.07.29

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

サークルの一年で立川の花火大会に行った。
という風に書き始めるとmixiみたいなノリになりそうでちょっといやだ。
一生来ないと思っていた青春。
男女で花火を見に行くなんてあっちの世界の人間のやることだと思ってたし、しかも女子浴衣って。
んもうドンピシャかわいいって。
そんなん反則だって。
こんな青春本当にあったんですね。
俺がこの場にいて本当にいいのだろうかと。
誰が許可したのかと。
俺の居場所は自分の部屋とレジとインターネット上の見えない世界のみなんじゃないかと。
高校のときは「今日は2人としか喋らなかったなぁ」なんて日がザラにあったのに、今や普通に話してる。





いや、普通に話あわせてる。
普通に話きいてる。
人の話をきくことはやっと多くなったが自分の話はしてない。
自分の話を誰かに聞いてほしい。
でも花火の場でやることではない。
どこですりゃいいのだ。
飲みの場でも2人で話をしているだけで誰かにちゃちゃを入れられてまともに話せる余地は無い。


青春ごっこは楽しいし寂しいねのねねね。

喉の渇きが半端ない

2007.07.28

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

喉の渇きが半端ないということでアクエリアスを飲んでいたのだが途中で喉がかゆくなって舌の先っぽを駆使してアクエリアスを飲みながら喉を掻いていたら喉らへんの何かが剥がれ落ちた気がする。


もうちょっとで7月が終わろうとしている。
そこで今月最も印象に残った独り言を発表しよう。
とある夜のお風呂タイム、体を洗い終わり一日の垢をすべて洗い流し全身スッキリしたあとに言った一言。


今シャンプーで体洗ったっしょ?


何の戸惑いも無く、何のためらいも無く、何の羞恥心も無く、普通に人に喋りかけるような声のトーンでこの独り言だ。
ところで一行のスペースも空けずにまるでまだ独り言の話が続いているかのような形で全く違う話題に入るがゴキブリは退治されたらしい。
俺がバイトしてる間に。
俺が物凄いスピードでレジ打ちしてる間に。
「いらっしゃいませ」と言った4秒後に「ありがとうございました」と言うほどの豪速で接客してる間に。
お隣の家に住む人の来店に少し戸惑いながらもそれも接客している間に。
ヤツは逝った。
そしたらバイト中にわけのわからないゴキブリサイズのゴキブリより硬そうな変な虫がレジらへんの床をのこのこと這いつくばっておったのでおでんの容器に閉じ込めてそれを「こんちゅうはくぶつかん」と題して捨てた。



むしむしするなぁ今日は。

ライブ告知

2007.07.27

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

まず始めに全く意味のないライブ告知をする。

僕、ライブ出ます。
THE MUSICIANSというバンドです。
場所は吉祥寺ライブハウス「シルバーエレファント」。
日時は8/23(木)17:30OPENの18:00START。
チケット代は1200円+ドリンク代300円。
出演はTHE MUSICIANS、絵本、THE HEARTACHERS。
興味のある方は是非何とかしてご連絡下さい。
当日券もあります。

さてこのライブ告知が何故意味がないのかというと。
それは、このブログをご覧のそこのあなたはうちのバンドメンバーもしくは対バンのメンバーもしくはチケットをすでに買う予定だもしくはサークルの合宿で行けないもしくは他人だからだ!
他人の方でも全然来て下さって構わないのだけど…見てるか、他人??

そう、そんなわけで来たる8/23にライブを行うわけだけれども、ご存じの方も多いかと思われるがサークルの合宿真っ最中だ。
なのでサークルの人は呼べない。
となるとそれ以外の人付き合いの腕の見せ所なわけですよ。
サークル以外の人間をどれだけライブに呼べるかというのがステータスになるわけなわけだ。
人間関係の深さのものさしになるわけのわけなわけで。
16人にメールを送って3人から返ってきたというのはもうギャグにもならない。
嗚呼儚き世かな。
左オシリが痒い。
今まで俺と仲いい的な雰囲気を醸し出していた人も、「ああ違うんだ、そこまでの関係なんだ」って気付かせてくれる。
それはそれでしょうがない。
都合とかもあるんだろうし。
でもお金の話が絡んできて空気が悪くなるってのが一番嫌なパターンだ。
本当はお金払わなくてもいいから見に来て欲しいくらいなのに。
それくらい君には来て欲しいのに。
でもお金払ってくんないと出演者の俺が一人分全額負担になっちゃうからよぉ。
それ不条理でしょ。
そうやってくだらない問題で疎遠になるのは嫌だよ。
ライブするのはすげー楽しいから好きだよ。
でも関係やら信頼やらが崩壊していくのはすげー嫌いだよ。
せっかく俺と話してくれるんだもん、仲良くしたいよ。
でもライブのせいで溝が出来るんなら俺ライブしたくないよ。

ライブすんのも結構つらい。

ゴキブリ戦争

2007.07.26

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

ゴキブリが出た。
去年も同じ時期に同じ時間に出た気がするのだが。
そして写真つきでブログに書いた気がするのだが。
今回出た奴は、動き的にも色的にもさほどグロテスクなものではなかったので、ゆるーい感じでやっつけようとした。
しかし侮っていたら結局逃げられた。
やつを甘く見てはいかん。
小さいからどこにでも入り込んで行く強者なのだ。
今もキッチンのどこかに潜んでいる。
俺の部屋じゃないからまだいいや。
寝れる。
しかし明日からしばらくキッチンに近づくことがためらわれる。
そして今はグーグーしているマイファミリーメンバー達にその事実を伝えるべきか迷うところである。
言うと気になって料理とか出来なくなるだろうし、言わないと知らずにキッチンを使っててかわいそうだし(・ω・`)

シャワー浴びるのは明日にしよう。
おやすみ。

どうした

2007.07.25

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

ポジティブになりすぎて
明るく振舞ってるのは
何だかすごくバカっぽいし
疲れちゃって続かないし

逆にネガティブでいるのは
心地よいけど
何だかすごくかっこ悪くて
情けなくて
寂しいので

でもこの点に関しては
ポジティブか
ネガティブか
の二つしか選択肢がないと思うわけで
真ん中らへんてのが
存在しないので
どうしたらいいかわかんない

それとか含めて
全部意識しないって
決めたはずなのにね
何も意識しないで
時間の言うとおりに従う
それは非常に恐ろしい
恐ろしいのでやっぱり
ポジティブにいこうか
ネガティブでいようか
考えてしまう

ポジティブでいられないのは
疲れるからだけか?
これ以上うだうだ考えるのは
めんどくさいので
好きにしろといいたい

寝ればすべて忘れられる
忘れなきゃいけないことも
忘れちゃいけないことも






コミュニケーション論も

声に出して読みたい日本語

2007.07.24

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

ジブラルタル生命

満たされない日々

2007.07.23

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

思えば今年の始めは暇だった。
推薦により誰よりも先に大学が決まって、やることがなくなって、遊ぶ人もいないし、バイトも始めたばかりで失敗だらけで嫌いだった。
卒業コンサートに向けてバンドメンバーとだらだら練習するくらいしかすることがなかった。
それもあんまり4人の日程が合わないから毎日の暇を潰せるほどのものではなかった。
じゃあ何をしていたのかというと実はよく覚えていない。
あの時期はちょうどこのブログも開店休業していた。
HistoryーMy Storyという非常に使い勝手の悪かったビッグローブのブログをやっていたのだ。
タイトルがおもいっきりユニコーンのパクりだし。
でもまあそっちのブログでもすごろくとか手紙とか色々面白い企画はやってたんだよ確か。
懐かしい。
とりあえずその使いづらさにはお手上げだった。

大学に入るとそれなりに暇潰しはできた。
しかし最近は逆にやることが多い。
バンドとかバンドとかバンドとかバンドとか花火とか飲みとか飲みとか飲みとか飲みとか。
暇でやることがないと何もやる気が起こらないのだけど忙しすぎても逆にめんどくさくなる。

人付き合いに関しても、一件のおかげで楽にはなれたけれどもそれは精神的に改善しただけであって、自分の持つコミュニケーション能力に改善の兆しは見られない。

あー何だこのグダグダ感は。
全部がめんどくせー。

ニュース速報

2007.07.22

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

昨日午前4時頃、人気お笑いダンスロックバンド風ユニット、「ザ・俺たち何やってんだろ?ズ」の物真似が全然似てないことで有名な作家兼プロ野球選手兼似非寿司職人の木下・エマニエル=富士雄氏の、義理の弟の友人の元交際相手であるエイブラハム・ヒロシ4世の追っかけ一筋25年の山本トシコさん(身元不明)のしゃっくりがようやくとまったらしいです。

家でするのが普通らしい。

2007.07.21

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

自分が女の子とラブホテルに入るシーンを想像したら笑えた。
残念ながらかなり笑えるショットだ。
残念なのか??

というか俺が友達と呼べる人間はみんな笑える。
しかし知り合いの中には笑えない者もいる。
同い年なのに。
この違いは何だろう。
明らかに違うのはわかる。
しかし…
どう違うんだろう。

でもラブホが似合う男って笑えるよね。
ブヒャッ(`へ´)

しだの声が素敵。

2007.07.20

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

それでもやっぱり女性と接するのは苦手だ。
仲良くしたいと思えば思うほど緊張して気を遣ってしまう。
なので逆に特に仲良くしたいと思っていない人の前での方が素の自分を出せたり落ち着いて話すことが出来る。
自分でもそのキャラの変貌ぶりにびっくりするほど。
他の人から見たらあまり変わりないのかも知れないけど。

あれから4週間経ちました。

愛がないと それがないと

2007.07.19

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

今朝はハッピーとアンハッピーが同時に襲い掛かって来た。
でもそれはプライベートでナイーブでセンシティブでデリケートな話ってことであまり触れないことにして。

先日近所の本屋に行ったとき偶然見かけてちょっと気になってちょっと立ち読みしてみてちょっとムカついた本「人と接するのがつらい」についてブログでけちょんけちょんに言ってやろうと昨日再び立ち読みして読み直して来た。
まず、俺と同じ症状に陥っている人を「~という人がいますが、このような人たちは」とまとめられたのに腹が立った。
俺は俺だ。
他と一緒にすんな。
てかその前に何その上から目線??
この人俺みたいな人を救おうと思ってんじゃないの??
そんなんで俺を救えると思ってんの??
「そもそも普通の人なんていませんし」
「友達に求めすぎていませんか」(これ違う本だったかな??何冊も立ち読みしたからさ)
など「それも考えたけどさぁ」なことがしつこく書いてあって腹が立ってもうやめた。
自分が期待しているほど他人は大したものではないし、逆に自分だって自分が他人に期待しているほどのことは出来てない。
他人の評価を気にしすぎ。
人に嫌われたくないだけ。
そんなこと気にせずありのままの自分でいい。
ってことを気付かせてくれた彼女のメール。
ありがとう。
あなたは大人だね。
あの本にはホントに腹立ってたのに、メールを何度も読み返してよく考えて気付かされてそしたら本の言ってることは間違いじゃなくて。
きっとやっぱり一人の男として女の子と仲良くすることが出来ないのは男らしさと頼もしさの著しい欠如が原因なんだろう。
それらは大嫌いだし俺のプライドが許さないから今後も求めないとは思うけど、それもはたから見ればただの逃げに見えるしもともと逃げから嫌いになっていったかも知れないから。
それはもうどうしようもねえ。
でまたその「どうしようもねえ」ってのは絶対に自分の口から他人に言ってはいけないんだ。
かっこ悪いし結局それによって何も手に入れられないから。

ありのままの自分で生活してみよう。

水曜憂鬱3

2007.07.18

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

この教室で勉強出来るかバカーーーー!
語学の授業なのでサボるわけにはいかない。
てか今日テストだし。

この空白の一行の間にテスト終わったし。
わりと出来た気はするけど。
でもみんな出来てると思うんだ。
それに出来てるつもりになっただけで返って来たらアレ?みたいな高校時代から慣れてるあのパターンだと思うんだ。
でも別に単位が取れれば何でもいいんだ。
でテストが30分で終わったので一時間弱暇なので独りで次の教室で暇を潰してるところです。
もちろん腹痛はあったよ。
胸のぐるぐるもあったよ。
しかしやはり独りは落ち着くざます。

Ich liebe mich

2007.07.17

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

さっきちょろっと書いたが自分を好きになったことはかなり大きな悪影響をもたらしている気がする。
好きになっちゃいけない自分まで好きにならざるを得なかった状況が心苦しい。
自己陶酔とは違う感じ。
自分が好き。
最初は自分の事が嫌いだった。
高1か高2くらいまでは。
不器用で何も出来ないダメ男だから。
というか自分のことをあまり知らなかった。
自分の内面まで深く考えるようになったのは高3になってからだから。
自分を好きになっていった経過はあまり覚えていない。
というよりもよくわからない。
自分以外に自分を好きになってくれる人間がいないと悟ったからなのか。
でも当時の俺がそこまで考えられていたかどうかはわからない。
ただネガティブ思考をポジティブ思考に転換するきっかけとして自分を好きになっていったのかも知れない。
でもダメな部分まで好きになってしまうのはサブカルチャーというかマイノリティというかアイデンティティーというかバラバラだけどその辺の行き過ぎである。
果たして俺はそこまで好きにならざるを得ない状況にあったのか。
それをすれば確かにだいぶ楽になれるのだ。
しかし
「俺ってダメだなぁ」が
「俺ってダメだけどそこがまたいい味出してるよなぁ」
になってそこで完結してしまうのがよくない。
何か今知らん間にニキビ潰れた。
それはどうでもいい。
こうして自分の全ての部分を好きになってしまうことで、
「君たちの考えはわかるよ、でも俺大事だもん」
の発想が誕生する。
自発的なアイソレーションを行い、そのうちまた寂しくなって「誰も俺のことなんか」と甘えたことをほざきだす。
これで悪循環、「悪のサークル」の完成である(我ながらネーミングセンス全然良くないと思う)。

今さら無理だよ、自分を見捨てるなんて。

悪魔の曜日を目前に緊張する俺。

2007.07.17

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

さっき自分で言ったセリフが妙に胸に染みた。

誰も俺について来れないし俺は誰にもついて行けないよ

本当いいこと言ったな俺。
人は好きだけどそれ以上に自分が好きで自分優先でダメな自分をも好きになってしまうことで余計に自分と他人とを天秤にかけるってことさえしなくなって心の中で人と距離を置いときたくなってたまに介入されて腹が立って殻にこもると寂しくなって悪循環なのね。
俺は自分のどこが好きなんじゃろうか。

私的用事

2007.07.17

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

向こう一週間のスケジュール

7/17(火)
ドイツ語の勉強

7/18(水)
ドイツ語のテスト
憲法のノート
英語の課題
英語の勉強
シフト提出

7/19(木)
ドイツ語の勉強

7/20(金)
ドイツ語の勉強
英語の勉強
バイト

7/21(土)
政治学の勉強

7/22(日)
コミュニケーション論の勉強
英語の勉強

7/23(月)
英語のテスト
政治学の勉強

7/24(火)
政治学のテスト
ドイツ語のテスト
コミュニケーション論の勉強

7/25(水)
コミュニケーション論のテスト

ドイツ語でしょ

2007.07.16

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

余裕が無い。
心に余裕が無い。
自分中心にモノを考えるようになったし、許せないモノが多くなった。
人の話を聴く余裕が無い。
すぐイライラしてしまう。
常にいっぱいいっぱいな感じがする。
時間的余裕が無いわけではない。
ただ、それでも時間が足りないのは心に余裕が無いからだ。
恋をする余裕は無いのに恋をしない暇は無い。
金にも余裕が無い。
見もしないスコア代を勝手に取られることで余計に俺の心に余裕が無くなる。
心が狭くなる。
何が原因ってそりゃ。
何が発端ってそりゃ。









ドイツ語でしょ。

中学生

2007.07.16

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

パパは怒ってる

僕は意味が良くわからない

ただ雰囲気にやられて泣く

ビンタの痛みに耐えきれず泣く

パパは問い詰める

僕は何を言ったらいいのかわからない

パパは責める

僕は黙る

パパは見捨てる

僕は部屋に戻る

ママが慰める

僕は泣きじゃくる

パパは優しくする

僕は泣き止む

パパは笑う

僕はひくひくしながら笑う

涙の理由を咀嚼せずに

僕は眠る

今日の天気は何だかかっこいい。

2007.07.15

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

バイト先のとある先輩がこの間、女の子とメールを続かせるテクニックを教えてくれた。
メールの内容のどこかに一つだけでも質問型の文章を入れるのだそうだ。
それは確かに有効なテクニックだと思った。
ちょっと考えればすぐわかることだが。
でも俺は今までそれを意識して実践したことはない。
いわゆる「恋愛テク」を使うのは嫌だし、第一そういうテクニックが存在すること自体嫌だ。
テクニックて。
女の子はゲームじゃないんだから。
これは「攻略本に頼らずにクリアしてやる!」というような意地とはまた違う。
攻略本が存在するということはどういう意味を持つのか。
愛や恋が目的になるのはちょっと気が引ける。
とか何とかエラソーなことを言っているが、この辺は未開拓ゾーンなので正直よくわからない。
なんでテクニックが嫌いなのかって考えるとそれは難しすぎるけど、とにかくそういうの嫌いなんだよ。

あ、先輩のことを悪く言ってるわけじゃありませんから。
この、人の見てないところで人の話をする癖(しかもネット上ってのが…)、絶対によくないよなぁ。

HOW TO WORRY

2007.07.15

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

僕は一日の中で人一倍「悩む」という単語を使っている気がする。
ブログで。
頭の中で。
心の中で。
独り言で。
しかし悩むというのは単純な作業ではなく、ある程度型にはまった段階をいくつか踏んだ上での「悩む」なのだ。

STEP1:何かしらの問題が発生する。
STEP2:とりあえず悲観的になってみる。
STEP3:十分不幸を噛み締めたところで、問題の原因となったものをさがす。
STEP4:それの解決法、改善策を考える。
STEP5:それが実行可能なものなのか不可能なものなのか考える。
STEP6:可能なパターンは経験上まずあり得ないが、万が一可能なら実行する。
STEP7:ほとんどがこちらの実行不可能な解決法というパターンなので、この場合は「もうダメだ」と更に悲観的になるか、寝て忘れるしかない。
結局答えなんて出ないのだ。

この間馴れ合い空間mixiにこの最後部分「結局答えなんてないんだよ」だけ試しに書いてみたが、特に面白いことは起こらなかった。
さすが天下のmixi様でございやす。
頭があがりません。

ハイロウズはJ-POPか

2007.07.14

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

ハイロウズはJーPOPである。
ジャンルで分ければそういうことになってしまうのである。
しかし考えてみれば日本で発売したら全部JーPOPになるのだ。
ヒップホップでもパンクでもフォークでも、今の時代日本でCDを出したら全部JーPOPになるのである。
しかしハイロウズはロックンロールという絶対的価値を持っている。
それは誰の主観によっても変えられない客観的事実である。
だってその要素が曲にしみ込んでるから。
誰かに批判される筋合いはないし批判する意味がない。
だいたいハイロウズを批判するのにメタルを引き合いにすること自体彼はおかしい。
俺はただおーちゃんのドラムのナンバーワンでないオンリーワンな見事なエイトビートを教えてあげようと思っただけなのに彼は価値観を押し付け、ドラムに順位をつけようとした。
そしてハイロウズをくそだといい技術がないとダメだといいピストルズまで先輩ぐるみで否定され、ここが音楽のサークルではなく楽器サークルであることを思い出した。
彼らが感銘を受けているのは音楽ではなく音だ。
シンプルの良さがわからないやつらはギターの上手さや動きの激しいベースラインや細かいドラム裁きや旋律に正確なボーカルや激しさに頼るボーカルに刺激を受けている。
ここには音楽的メリットは何一つなさそうだ。

久々にアイデンティティーの話。

2007.07.14

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

THE HIGH-LOWSの「オレメカ」の中で「不完全な人間だけど 完全な俺だ」という歌詞は、思ってたよりも深かった。
そこから少し飛躍したアイデンティティーに関する俺の考えをきいとくれ。
個性個性といって無理に個性を引き出そうとする必要はない。
無理に「自分らしさ」に固執する必要はない。
無理やり生み出された個性など、その人本来の個性ではない。
手に入れてしまった以上はその人のものであることを否定するのは難しいが、それをもって「これが僕のアイデンティティーです」なんて堂々と言えるだろうか。
まあ要するに何が言いたいのかというと、無意識のうちに形成された個性を重んじようよって話だ。
俺が意識的に形成した個性が案外周りにウケがよかったりしてもそれに甘んじてはならないのだ。
それはうわべだけの付き合いでしか通用しないからだ。
もっと深い関係を築きたいと思うなら、無意識のうちに形成された個性でないとならないのだ。
他人に言われて初めて気付く個性だとか、自分でも気付かないような個性に、世の女子たちは魅力を感じるのではないかな。
それともやっぱり筋肉と身長と変な気づかいだけかな。

僕は優先席には絶対に座らない

2007.07.13

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

僕はどうすりゃいいのかわからない。
僕に何が出来るというのだ。
話を聴くことは出来るようになってきたけど聴いてもらうことは出来ないまま。
だから蓄めとくわけにもいかないから仕方なくブログに吐き出す。
この図式一年前から何も変わってないよ。
成長してないよ。
何か中学の時に悩むべきことを高校で悩んで高校で悩むべきことを今悩んでる気がする。
悩むべき??
悩まないのが一番幸せだ゜+。(*′∇`)。+゜

名も無きブログ 名言集

2007.07.12

category : 独り言

comment(1) trackback(0)

ペン回しがうまくなりました。2006.5.19

金と勇気と力があれば、世の中に恐いものはない。2006.6.12

青春はオトナ達が思ってるほど暇じゃないんだぜーーーーーー……2006.6.30

俺は、曲を作るということはある意味オナニーだと思う。2006.7.16

変な人というレッテルを自ら自分に貼りつけ、それを今更剥がそうと苦労する2006.7.26

孤独主義を装う寂しがり屋2006.7.26

何でもかんでも価値観だな。女の子とメールするのが途中でたるくなったら「ああ価値観価値観。」って言っときゃなんとかなるからな。2006.8.2

デカイ奴は何もしなくてもモテる2006.11.19

僕の人生のなかでは愛というものはきっと意味をなさないものなんです。2006.12.10

もう十分思い通りにいかなかったときの面白さは知ってるんだ2007.3.2

一生青春とか意味わからないことは言わないで。2007.3.31

男らしい、頼もしいのが大嫌いだ。2007.4.9

かわいい女の子が普通の人しか好きになれないんなら、僕達は消えちまったほうがいいんだ。2007.5.3

普通の人たちにうける必要はないんだ。ミュージシャンたちがおおっと驚き面白がる曲を作りたいんだ、今は。2007.5.23

女の子達の価値観はお前さんの力じゃひっくり返せないから、諦めて自分を変えろ。2007.5.27

ほっとかれるのが怖いからおどけてるだけなんだろ。2007.6.9

どんな大きな枠でも、どんな小さな枠でもくくりきれない俺だから。2007.6.21

可能性を信じるからつらいのであってそれを信じなくなれば楽に独りになれる。2007.6.23

俺は俺の中ではすべて正しいから2007.6.24

これが本当の幸福だったら僕が今まで信じてきたものは幻ってことになるけどそれでいいの?2007.6.26

心通わせたいと思う俺にも限界を感じるし心閉ざそうと思う俺にも限界を感じる。2007.6.28

俺の弱みを誰かに否定してもらいたいだけじゃないのか結局??2007.7.6

二度と朝がこなけりゃいいのに。2007.7.10

あれっ、トイレってこんなに居心地いいところだったっけ。2007.7.11






胸に響きそうな言葉を載せてみた。
どうだろう。
それより寝ろよな俺。

またゼミ飲みあるんだってさ。

2007.07.12

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

たまに自分でも気付かないうちに人を傷つけてしまうところが嫌い。
悪気はないのだけど無意識に、本当無意識のうちに人を平気で傷つけてることがよくある。
だいたいはちょっと考えればわかることなのに悪のりしちゃう。
自分のそういう姿が一番醜い。
嫌い。
嫌い嫌い。
最低だよ。
最低の人間が人と分かり合いたいなんていいご身分だな。

しかしそれにしても見事な夜だこと。

ただめしひゃっほーい

2007.07.11

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

昨日書いた今日のプログラムがすべて終わったからと言って今日すべきことがすべき終わったわけではない。

結局酸素缶は使わなかったしゼミ後の女子との微妙な絡みもない。
人と喋るとき僕の心はどこにいるのでしょうか。
「素直に生きたいのだ」と偉そうに語れるほど僕は素直に生きているだろうか。
俺の環境を考えたら悩むのは当たり前だなと思うし、それを他人から見れば悩むほどのことじゃないと思うってこともよくわかるんだよ。
「みんなそんなもんだよ」で解決したらそりゃ楽だし理想だと思うのだけどそれを嫌がる自分がいて。

今日の文章は脈絡がなく後から見ても何に関する悩みだかわからないと思うけど、とりあえずいつから俺は昼食代をケチって女の子の食べ残しをねだるほど情けない男になったのかってことで悩んでいることにしよう。

ぐるぐるWednesday

2007.07.11

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

あれっ、トイレってこんなに居心地いいところだったっけ。

胸がぐるぐるしてる。
お腹もぐるぐる言ってる。
昨日立てた予定はほぼ予定通り進行している。
まず、本当に寝坊した。
びっくりだよ。
ドイツ語のあとちゃんと「ダメだぁ」も言った。
お腹痛くなるタイミングはずれ込んで、この様子は導入演習で痛くなるモードだ。

ああ、色んなところがぐるぐるしてる。

ここはジブリの森じゃありません

2007.07.11

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

今日は夜空が妙に赤いのは何故だろう。

こんばんは無党派層のひがです。
オルタナ(一般)のひがです。

このネタについては久々に考え事をしたのだが恋とは何だ。
愛とは何だ。
誰かの事を考えててドキドキしたらそれで恋か。
誰かの顔を思い浮かべただけでドキドキしたらそれで恋か。
愛は何だ。
愛はドキドキするのかしないのか。

己中学2年生か。
思考の深さだけが取り柄だった俺だがここ数日間でそれが失われた気がする。
激しいメールのやりとりに気を遣って疲れたのか。
気分なのか。
色々なタイミングか。
暗黒時代の終焉か。
いやそれはない。

寝よう。
プロフィール

ひが

  • Author:ひが
  • The 新社会人

    怒濤のコンプライアンスでやんす
counter
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
忍者による解析

Copyright ©名も無きブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。