名も無きブログ

音楽×自転車×雨=ひが

日記のようなものの

2009.01.30

category : 独り言

comment(4) trackback(0)

20090130165553
おばあちゃんから免許代の足しに、と不定期で何回かに分けて送ってもらったお金や、使わないで残しておいたお年玉などが18万円貯まった。
そして自分のバイトで稼いだお金が、ゆうちょに7万円ちょっと。
というわけで、高3の頃「免許を取る」と言いバイトを始めてから約2年、ようやくお金が貯まったのでとうとう免許を取ることを決意した僕。
オーストラリアやイギリスの時にも一気に25万もの現ナマを手にすることはなかったものの、一括で払わなくちゃならないという危なっかしいシステムのために、初めて自分の金でこんな大金を持った。

僕は大学の試験が終わり、もう学校に行く用事はないので、大学生協で申し込むよりも直接教習所で申し込んだ方が早いだろうと、雨の中をくぐり抜けて教習所へ行くと、大学生協で申し込まないと安くならない、という面倒な話だったので、今度は雨の中をくぐり抜けて山登りして学校に来たというわけだ。
そのシステム何とかならないのか。

ここからは、自分の財政とスケジュールを確認するための私的利用ねー
まず、今母親に2万円借りている状態で、手元にはちょうど1万円がある。
ゆうちょ残高は7000円ちょっとだ。
しかし2/10までに教習所へ行き入校手続きをすると32000円がキャッシュバックする。
つまり、母親に借金を返すと手元に29000円が残るわけだな。
そして実際に教習が始まるのは3/10からだ。
短期集中コースだからなるべく免許に力を注ぎたい。
しかし3/15にはTOEICがあって、3/19~3/20はゼミ合宿がある。
3月には旅行にも行きたい。
ゼミ合宿には1万円くらいかかって、旅行に行くなら2万円くらいはかかるだろう。
2/25には給料が45000円くらい振込まれる予定だ。
そのうち約3000円はウィルコムに吸収される。
そしていつ結果が出るのか知らないが、TOEICは600点を越えると母が受験料を払ってくれる(つまり約6000円の収入だ)。
これをかなりアバウトに計算すると、さっさと教習所に行きさえすれば僕は結構自由にお金が使える。
交通費、飲食費を差し引いても、あと1万円くらいは余裕が残るぞ!?

あはは、ごめん勝手に嬉しくなったヽ(´▽`)/
スポンサーサイト

日記のようなもの

2009.01.26

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

昼から、たまにギターを爪弾きながら、そしてたまに優雅にテレビを観ながら、テスト勉強をしていた。
夕方父と母が帰ってきて、もう集中できなくなっていたので、気晴らしに父と出かけた。
あと、うちに住み着いている(飼っている)犬も。
出かけたというか、歩いてコープまで散歩してきただけなんだけど。
犬は店に入れないので、僕は犬とともに外で待っていた。
この犬は比較的誰が見てもかわいいと思うようにうまくできているので、店の前で僕と犬は、いや犬は、少し注目を浴びた。
比較的誰が見てもかわいいと思うようにうまくできているので、ついに話し掛けられてしまった。
僕はその話し掛けてきたお姉さんのあまりのアニメ声に思わず絶句して、「かわいいですね」と言われたのに「ははは」のみで返した。
アニメ声に絶句したというのはうそだけど、僕は自分の家で飼っている犬を見知らぬ若いお姉さんにほめられた場合どのように対処してよいものか、今までそういった教育は受けておらず、訓練を受けておらず、その心構えすらしたことがなかったことを悔やんだ。
どう考えてもまともな返答が思いつかなかった。
「そうなんですよ、僕よりかわいいから嫉妬しちゃう」とか
「そのアニメ声に比べたらたいしたかわいさじゃないです」とか
ろくな返答が思いつかなかった。
そして他の返答が思いつかないからこういう変な返答をしようかとも悩んだが、見知らぬアニメ声の若いお姉さんに面白い人だと思われても、僕にとっても彼女にとっても実益はないだろうとやけに冷ややかな気持ちになって、最終的に僕の口から出たのは「ははは」のみだった。
「この辺のコミュニケーション能力の欠如が人生において様々な機会を失わせる原因になるんだよなぁ」
という独り言をお姉さんが去ったあとに呟くでもなく心にとどめておいたんだが、それから何故か犬を利用した男女のアプローチを連想した。
そして僕は、「ああ、こういう姑息なアプローチの仕方が世の中にはあるんだな、用心しよ」と勝手にその出来事を勘違いして、そうこうしているうちに父が店から出てきたので帰った。
父のためにも、見知らぬアニメ声の若いお姉さんが犬をほめてきたら用心して、と警告しようとしたが、この出来事は自分の胸にとどめておくことにした。

日記じゃなくなった。

後期試験

2009.01.23

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

問 次の設問に対して自分なりに考えて答えよ。
(1)ねーねーテストどうだった!?
(2)マジ!?超ヤバいんだけど、ウチ絶対単位落とすわー!

正答
(1)全然出来なかった!昨日これしか勉強しなかったのに…最悪!
(2)本当ー??ウチ(オレ)も単位マジで危ないよ!

というやりとりが実につまらないので、僕はテスト直後も人一倍余裕をかましている。
テストの結果が大事なのは今じゃなく、成績開示の時である。
そういうわけでテスト~成績開示の間の時間は僕は余裕に浸っているわけだけど、それは成績がいいという証拠じゃなく、実は僕はみんなが僕に対して思っているほど成績はよくない。
というか、よく言えば普通の、微妙な成績をいつも修めている。
というわけで僕は今回もそこそこ普通な成績をとるんだろう。
Cの山の中にBとDが少ーし。
で、ゼミだけA。

まあ要するに僕もみんなと同じテスト中なんです。
靴下が汗かいて大変。

トム☆ボーイ2

2009.01.16

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

20090116143420
我が中央大学には、トム・ボーイというファーストフード・ショップがある。
ハンバーガーとフライドポテトとドリンクのセットを280円~330円という低価格で販売する、八王子市屈指の名店である。
そのハンバーガーのメニューでも人気なのが、「チキンタツタバーガー」だ。
1日数量限定販売なので、お昼のピークを過ぎた頃にはもうなくなっている。
だから例えば二限の企業法総論に出ようと思ったが寝坊してしまい結局学校に着いたのは二時ごろ、というようなミスを犯した人は、チキンタツタにありつけないのだ。

というわけで企業法の試験にでるポイントを全て聞き逃した僕は、チキンタツタも食べ逃してしまい、結局330円の「ペッパーチキンバーガー」を食べた。
トム・ボーイで一番高い330円のメニューを頼んだのは初めてだった。
280円だと安い気がするけど、330円はちょっと高い。
一体330円のバーガーはどんな味がするんだろうと期待して紙袋を開けてみると、まずそこには目に見える違いがあった。
この時点で、バーガーはまだ包装紙に包まれたままだ。
その違いとは、写真を見ればわかる通り、バーガーの包装紙に貼ってある、シールだ。
300円以下のメニューに貼ってあるシールは、こんなにポップではない。
さらに店員さん直筆の「ペッパー」という文字が書かれている。
まさか、他のメニューよりも高い原因はこれか??
しかしこれだけで他のメニューより30円以上も高いというのは、納得が出来ないだろう。
そこで僕はいよいよ包装紙を開け中を食べはじめた。
味の感想はまた今度にするとして、僕は途中であることに気がついた。
実は、包装紙が二枚重ねて使われていたのだ。
つまりこのペッパーチキンバーガーは僕の手に渡る前、二重の包装紙の温もりに包まれて育ってきたのだ。
300円以下のバーガーは、もちろん包装紙は一枚だ。

そして僕は確信した。
高い理由はここにあったのだ、と。

ワールド

2009.01.10

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

失恋は人を成長させる
とかよく言うけれど(特に男)、それは気のせいなんじゃないだろうか。

何とかショックから立ち直って、気持ちが落ち着いて、頭の整理がついた時に過去の自分と比較してみて「あっ、成長したな」と思うのだろうけど、それは果たして本当に成長なんだろうか。
自分は色々失いまくっているということを考慮に入れて。
同じ失敗は二度とするまい、という思いから今後の言動の範囲が多少なりとも狭まる、という可能性も考慮に入れて。
成長とはそういうものなのか?
と、立ち止まってみることもいいと思います。
まあ恋人にふられたことがないからわからないっ。

もうすぐ大学二年生が終わるんだなぁ。

西日を遮る男

2009.01.08

category : 独り言

comment(4) trackback(0)

テストが近づぃてます・・・マヂゃばぃ

とゅぅことで、今日ゎ珍しく学校の図書館で勉強してきましたぁっ何か、テスト前ってこともぁって、メッチャ人が多かった空ぃてる席に座ったんだけど、夕方だったからマヂで何か超夕日が眩しくってャベッ、ゥチ失敗したぁ~とか思ってたんですっしたら何か、前の席に男の人が座ってきて、ゥチなんか「そこそこ、その光を遮る位置に座ってくれぇ」とかって思ってたらその人ちょぅど光を遮ってくれて、「ャッター、これで集中して勉強できるぅ」とか思ってたらその人ぅつ伏せに寝ちゃって、結局また眩しくてまともに勉強できなかったんですょハァマヂぁりぇなぃんだけどって感じ
結局まともに勉強できませんでしたっ


あぁ早くテスト終ゎって遊びたぃよぅ

何かが大きな木下さん

2009.01.06

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

アメリカを始めとする先進国ではみな世界金融危機で大変な感じになっちゃっている。
新自由主義や行きすぎたグローバル化に対する批判の声も上がっている。
実害は労働者の身に降り掛かっている。

ガザ地区では空爆によって多くの市民が犠牲になっている。
現実的な死のリスクが自分の周りにゴロゴロ転がっている世界だ。

比べるものでもないけど、あまりに次元が違うのでちょっと頭が混乱してしまう。
労働者はリストラを心配し、大学生は自分の就活を心配している。
みんなそれぞれそれなりに現実の世界の情勢と距離を置きながら、自分の心配だけをしている。

僕は目の前に迫りくる試験へのテキトーな不安を覚えながら、ロックとエッチのことばかり考えている。
フェラチオって何語かな。
射精すると何で眠くなるんだ。
自分だけかな。

自分が同じ世界に生きていることが不思議に思えた。

意味なんてないけれど

2009.01.06

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

というわけでふわふわとライブをしてきた。
ボロクソ言われたわりには、映像を見るかぎり「下手なくせに落ち着いている」といった感じで、音を聴いてみてもまあ、楽器陣はひどいもんじゃなくて、歌が下手なのと歌詞を忘れるのとギターが雑だった。
音数云々の問題でなく、「荒々しい」なんてもんでもなく、雑だった。
僕は珍しく、ベースに集中していた。
いつもはライブに集中するのに、今回はベースに集中した。
そのせいか音は悪いけどリズムは安定していた。
だから、よし。
選曲のミスだったと思います。
やっぱ慣れない曲をいきなりライブハウスでやるのはだめっ!

まあいずれにしたって、THE MUSICIANSは活動休止。

FREEとの出会いによって、僕はベースの可能性を見いだした。
ベースとドラムだけで、他の楽器も聞こえていそうなくらいの存在感を出したい。
FREEもそうだし、THE WHOのジョンもライブでは特に怪物だから存在感がすごい。
やっぱりギターいらなくなるくらいベースで曲の形を作っちゃうのは面白いと思うし、それを目指した曲作りってのはベーシストならではのものなんではないかと思う。
個性派ベーシスト…イイネ。

まあ、いずれにしたってTHE MUSICIANSは活動休止っすよ。

バンドをする意味はないけど(最高だけどね)、バンドをしない意味はあるんじゃないだろうか。

GBへの道のり(その6)

2009.01.05

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

20090105191126
バー
アルコールはこちらから。

GBへの道のり(その5)

2009.01.05

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

20090105190929
中はこんな感じ

GBへの道のり(その4)

2009.01.05

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

20090105190926
だいぶとんだけど、着いたよGB

GBへの道のり(その3)

2009.01.05

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

20090105153938
武蔵小金井駅より乗車。
遅刻しそう

GBへの道のり(その2)

2009.01.05

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

20090105150310
芦ノ湖のこのこ
久々にのぼる坂
のモデルになった坂

2006

2009.01.02

category : 独り言

comment(6) trackback(0)

そういえば人間不信だとかなんだとか言ってませんでしたっけ?


今思い出したんだけど、前はよくそんなようなことを思っていた気がするなぁ。
忘れたけど。
だいたい「人間不信」の定義はよくわからない。
誰一人として信用しないというのがそれの定義だとしてどこまで信用しないことを言うんだろうかとか「誰一人」は大げさなだけもしくは誰か少なくとも一人は自分では意識していなくても信用している人が身の回りにいるだろうとか考えていると人間不信なんてありゃあしないような気にもなってくるし誰もが人間不信であるような気にもなってくるよねそうじゃありませんか。
意識の問題だろう結局はそうなんだろう。
僕だっていまだに多くの人を信用していないが別にそれは人間不信じゃないと思っていて(人間不信ぶっているやつがダサいからそう思うんだけど)、そらみんなそんなもんだろうと思うから人間不信じゃないだろうと思えるのだ。
人に金を貸すのは信用しているから貸すわけじゃなくまあいいやと思って貸す。
でもはたやんに貸した300円はちゃんと10倍返しな。
もしくはライブ来い。






去年の夏ロンドンでライブしてきたバンド、The Touristsが帰国後がんばってレコーディングをして、さらにメンバーががんばってPVまで作ってくれました。
曲は"あはん"、作詞・作曲はこのワタクシ。
(オフレコ:実はドラムベースギターもワタクシ)
YouTubeに載せちゃったので全世界のロックンロール・キッズたちが見ています。
ん、"キッズたち"?
まいいや。
とにかく見てほしい。
あまり映ってない人が僕です。
あのぱっつんのニコニコしてる人。


そのような感じです
プロフィール

ひが

  • Author:ひが
  • The 新社会人

    怒濤のコンプライアンスでやんす
counter
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
忍者による解析

Copyright ©名も無きブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad