名も無きブログ

音楽×自転車×雨=ひが

タマタマ

2009.12.31

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

このブログをやって6年目になり、もうすぐ7年目を迎えようというところ。
そして当然の如く、世間同様このブログにも一年に一度年末年始はやってくる。

だがへそ曲がりな僕は、ブログ7年目を迎えようというのに「年末だから今年一年振り返りましょう」とか「あけおめことよろ」な記事をほとんど書いた記憶が無い。
意図的に年末年始というイベントを無視してブログを書いているのだ。
本当に可愛くない性格だ、と思う。

可愛い性格になるために、少し素直になって、今年はそれっぽいことをやってみようかと思う。




<2008年末~2009年始の僕>

・自転車盗難事件
 そう、バイトしていたら自転車が盗まれていて、結局府中から自宅まで自転車20分の距離を歩いて帰ったのだ。
 一人で勝手に騒いでいた。
・ニコラらの来日
 ベルギーで知り合った友人らが、来日した。
 そして、バンドメンバーと一緒にみんなで初詣したり酒飲んだりぐだぐだして遊んだ。
・The Musicians、吉祥寺でライブ出演を最後に活動休止
 年明け後すぐに行われたライブで、The Musiciansがまたも活動休止を発表。
 内容はよかったのに店長に怒られて不満の残るラストステージとなった。
・よく聴いていた音楽は、Free。
 ちなみに、この頃どういうことを考えていたのか、どういうことで悩んでいたかについては、全く思い出せない。


そして、ここからは
<2009年末の僕>

・就職活動
 主に金融系のセミナーや説明会に足を運ぶ。
 しかし最近になって向いていない業種だなぁとつくづく思う。
 ESを書いたりはまだしていない。
 先日初の社員訪問を行ったが、おそらく印象は良くなかったと思う。
・新バンド、STARLIGHTの活動
 またも年明けにライブを控える。
 現在ブログなどで宣伝活動中。
・バイトでのよくわからないポジション
 先日バイト先の忘年会を幹事として仕切った。
 が、全体的にシュールな仕上がりになってしまい、いまいち従業員同士のコミュニケーションの向上には貢献しなかった様子。
 あまり信頼関係築けず。
・生活リズムの崩壊
 夜眠れない、朝起きられない、毎日お風呂に入れない、決まった時間に決まった回数食事を取れないなど、人間が生きていく上で最低限守るべき体のリズムが、完全に崩壊。
 いつ一日が始まって、いつ終わったのかよくわからない。
・やたら読書
 本を読むことが楽しくてしょうがないこ最近。
 週に2、3冊のペースで読むことも。
・よく聴いている音楽は、Cheap Trick。
 考え事や悩み事は、就職活動について。
 就職についてというよりは就職活動が僕を圧迫しているような感じになって、全部やる気をなくす。
 メールのやりとりをしているとき以外は、生きている心地がしない。
・セックスをしたいと思っているが、セックスをしたいと思っている自分が何だか申し訳無いとも思う。
 それから、AV女優の月野りさと成瀬心美が年下であると最近知ってショックを受けている。
・ポケットマネーが史上最悪の金融危機。
・金玉が蒸れて気持ち悪い。





<ついでに、来年の目標>

多分一週間で忘れるけど、「明るい人になる」。
もっと具体的な目標は、「自分を雇ってくれるような心の広い企業に採用してもらう」。




頑張って良い一年にしよう。
スポンサーサイト

トナカイという職業について

2009.12.29

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

一年に一度、ある日に向かって集中的に需要の高まるアニマルがいる。

それが、トナカイである。

クリスマスシーズンが近づくにつれ、街のいたるところに、サンタとともにトナカイのイラストやキャラクターが登場する。
もちろん、本物の生きたトナカイも、この時期だけは稼働率が高くなる。
彼らは一年のうちでこのときだけが晴れ舞台となるのだ。

しかし、悲しいかな、クリスマスが終わったとたんに、人々の目は変わってしまう。
昨日まではトナカイを温かい目で見ていたはずなのに、12月26日になったとたんに「終わっちゃったね」という目で見る。
3日も経てば「あー、まだいるんだぁ」の目である。
もう年越し&お正月モードに入ろうとしているときに、まだいるんだぁ、の目で人々はトナカイを見る。

しかしよく考えてほしい。
別に、トナカイは終わっていない。
正月にトナカイがいたっていいではないか。
真夏の太陽の下、トナカイがいたっておかしいことではないはずじゃないか。


この理不尽な扱いについて、当のトナカイはどう思っているのだろうか。





 そうですね・・・。あたしの場合は、最初諦めから入ってたんです。
 っていうのは、これがあたしのさだめなんだろうって割り切ってました。
 やっぱり季節性のあるものってそうじゃないですか。
 あたしだけじゃないんですよね、こういう運命にあるのって。
 イベントのキャラクターなんて、イベントが終わっちゃったらもう用済みなんです。
 最初はそうやって諦めてはいたんですよ、私も。

最初はっていうことは、今は考え方が違うのでしょうか?

 ええ、やっぱり違うかなって最近思うようになったんです。
 だってね、あたし生きてるのよ。
 だってね、あたしたちと同じように他のクリスマス関連のものは、
 クリスマスが終わったとたんに用済みになるわけでしょ?
 でもね、そいつら生きてないのよ。
 サンタなんか典型的ですよね。
 あんなの所詮空想の人物であって、ドラゴンとかつちのことか、
 そういう類なんですよ。

サンタとつちのこは別のような気がしますが、そうですね、確かに。

 でもあたしたちは違うんです、生きてるんですよ。
 架空の動物じゃないんです。
 犬や猿やキジと一緒で、ってこれは桃太郎か、
 とにかく実在する生物なんですよ。
 そんなあたしたちが、他の架空の創造物と同じような仕打ちを
 受けてもいいのでしょうか。

それで、怒りがふつふつとこみ上げてきたということですね。

 それであたし、トナカイ界を代表して、トナカイの声を世間の皆様に届けたいと思いまして、
 このたび本を出版させていただきました。
 タイトルは「あたしトナカイですが、何か。」定価は

あの、宣伝の場ではないのでここはカットさせていただきます。

 あら、そう?
 









とかいうまあようつまらんもんをこのクソ寒い朝方に書くなあわしも。





続きはこちら >>

STARLIGHTの名を知らしめたいのよ

2009.12.26

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

僕は今、STARLIGHTというバンドをやっている。

結果的に、
THE TOURISTS(昨年夏にロンドンでライブ出演したバンド)の3人に、ドラマーが一人入った
というようなメンバー構成になっているんだが、
僕が最後に加入したというのが実際のなりゆきである。


そのSTARLIGHTを世の中に知らしめるべく、ブログを開設したので是非見てほしい。
じゃじゃーーん!!
http://rocknroll696.jugem.jp/

実はバンドメンバーにもまだ未公表だった。
僕が書いているとは思えないぐらいのハイテンションで書いているので、是非その辺も楽しみつつSTARLIGHTについて知るためのツールとして活用してほしい。

何やねんお前そのそれは

2009.12.24

category : シュール

comment(0) trackback(0)

怖い。
不安でどうしようもない。
今日はそんな日。

僕は自分がわからない。
人に自分をどう説明していいかわかんない。

人と関わるのが下手だから、信頼関係なんてできっこない。
そんなの、どうなの??

今日はとにかく不安で、近い将来僕は潰されちまうんでねぇかという気がしてならない。
わからないんだよ自分が。
考えたってしょうがないんだけど、それ以上に考えなくっちゃどうしようもないんだ。

眠れない、眠れないよ今日は。
誰に電話したらいい??
誰が、電話に出てくれるのかな。

どうしようかな。
明日は早起きの予定なんだ。
やっぱ何か、本当情けなくてしょうがねぇのね。
うぇん。

だ~めだめ

2009.12.24

category : シュール

comment(0) trackback(0)

何か、だめだなぁって思う。
就活(現在)もそうだし、自分(将来)もだめだなぁって。

今まで自分が歩んできた道(過去と環境)がどうも、くそったれだったような気もする。
けれどやっぱり、そういうの全部総合して、弱っちい自分がくそったれなんだと思う。


この一ヶ月、なんとなく僕が明るそうに見えたのは、
就活をして刺激を受けて、自分が変われるんじゃないかという気になっていたからだ。

早く社会人になりてえと言っているのはこういうことだ。
つまりさっさと将来になってしまえば、将来に対する不安というものも物理的に消滅するだろうと思っているし、
自分の人格に対する悩みも、悩んでいる暇がなくなるくらい忙しくなるだろうと思うからだ。
というかやっぱり金がほしい。
そして「社会人」という肩書きがほしい。
自立したい。



でやっぱだめだ。
野村證券のセミナーなんか興味持てないや。

余計な心配

2009.12.22

category : シュール

comment(0) trackback(0)

僕が1人ぼっちになっちゃうこと。
もっと、忘れられないくらいみんなと深く関わっていたかったなぁ。
新しい出会いはいくつかあるけど、どうでもいいんだ。

来年また、旅でもしようかな。
今度は国内で。

まみぞーらいっ

2009.12.21

category : シュール

comment(0) trackback(0)

一年生の時、ドイツ語のクラスが大嫌いだった。
僕以外の全てが、友達を作り、休み時間騒いでいた。

中には、あまり仲良くできない人もいたが、それでも僕みたくふさぎ込んでいたわけではなく、何かあれば近くの人と会話をするような、そういう人だった。
ある女の子が、何となく様子が変で(それも僕ほど奇人ではなかったけれど)、少し浮いている感があるなーと僕は観察していた。
その女の子は隣の人に話し掛けに行ったりもしていて、まあ変だけど友達はできるんだろうと思っていた。

最近になって、よくその子を見かける。
メイクの仕方やファッションを覚えて、見た目は結構可愛くなったように見える。
だが、いつも1人だ。
1人で、いつも僕のことを「あ、この人ドイツ語であたしと同じクラスだった人だ」という目でチラチラと見てくる。

この人、友達あんまりできなかったのかなぁと少し気になる。
ほんの少しだ。
あとは、恥ずかしいからあんまりこっちをチラチラ見てくんな、と思っている。

僕が明日から大学一年生になって、大学生活最初からやり直していいよと言われたらやり直すだろう。
今度はうまくやってやろうと思う。
ドイツ語のクラスでも友達を作ってやろうと思うし、その女の子にも話し掛けるだろう。
「イギリスでライブ」よりもっと凄いことができる自信がある。

もしやり直して2年半過ごしてみても今と変わり無い状態なら、それが僕の実力だということだ。
あー、久々に空想したなぁ。

そのなはこみなみさん

2009.12.19

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

就活の帰り道。
中野のバーに寄る。
名は忘れた。
最初は当たり障りの無い会話に愛想笑いで間を持たす。
それから、やはり「え、社会人じゃないの!?」となる。
あとは、頑張る就活生の若者に、人生の先輩が色々言いたいことを喋る。
お決まりのパターンだけど、それが好きだ。
大方適当なことを言っているようにしか聞こえないけれど、多分10年もしないうちに自分で気付くであろう教えを請う。
内容が抽象的だからわかりづらいけど、酔っ払いの言うことはだいたい正しい。
もちろんそれはその人の主観に他ならない。
だから、絶対に間違ってはいないのだ。

ただの酔っ払いに励まされて、僕は嬉しい気持ち。
僕はそんな気持ち。
でもこういうオフの場でもちゃんと自分を説明できるようにしとかないとね!

失うものが多すぎて

2009.12.19

category : シュール

comment(2) trackback(0)

失った友達が、すごく多い。

何故友達を失うのか、わかる気もするしわからない気もする。
というのはつまり、「それじゃあ失うわな」と自分でも思うのだけれど、
「じゃあどうすれば失わないんだ?」という部分がわからない。

久々に友達(だと思ってた人)にアプローチすると綺麗~に対応が冷たくなっているから、
面白いことこの上ない。
どうして僕はこう、人付き合いが下手くそなんだろうと思う。
男女にかかわらず。


人と会って話をするのは好きだけれど、何で失っちゃうんだろうね。
人とのつながりってもっといた方がやっぱりいいのだ、って悔しいけれど思う。




社会人になったとたん、僕はおそらくひとりぼっちになる。
今深い関係を持っているバンドメンバーは、何年かかるかわからないけれど、たぶんイギリスへ行く。
それから今僕にとって大事な人は、たぶん九州に行く。

その他は?
このままの人付き合いの仕方で行くと、まあ確実にひとりぼっちになるんだろうなぁと思う。
それって、すごくつらいことなんだろうなぁ。

きっと悩んだりしても、現実世界にいる人と相談することがなかなかできなくて、
結局このブログに愚痴ったりするんだよね。



お酒はずっと、お友達でいてくれるのかなぁ。


続きはこちら >>

アンソンだ

2009.12.18

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

久しぶりに、遊んだという感じがします。
昨日ディズニーシーに行きました。

このブログに似合わず、絵に描いたように楽しくて幸せな時間でした。
最近「まともな人間になる」という意識ばかり働いていたけれど、
やっぱり遊ぶことは楽しいことなのです。

ディズニーで手をつなぐカップル、電車でひっつくカップル、買い物のときレジでお会計を一緒に払うカップル・・・。
そのすべての現象が自然なことなんだなぁとつくづく思います。


ディズニーな一日と、就活な一日では、天と地の差があるように感じちゃうかもしれないけれど、
就活な一日も、幸せな自分のための一部なのでしょう。


遊ぶことも楽しい。
就活は必要。
気持ちの上で両立が大切。





何を言ってるのかようわからん!


とりあえず、僕の友人のために一日一回クリックしてあげて。
別に変なサイトに登録されるわけではないのでご安心を。
↓↓↓↓↓

http://calamel.jp/buyer/?act=prof&byr_user_id=1558

↑↑↑↑↑
何でも、世界一周して100万もらえる仕事に応募するのだとか。
よくわかんないけど頑張れー!

寿司モード

2009.12.13

category : シュール

comment(2) trackback(0)

現実と正面から向き合うのは、やっぱり怖いです。
理想や抽象的なことなんて、ホラこんな風にいくらでも言えるんだけどね。
「実際どうなのよ?」「もっと具体的に」と問い詰められるとオドオドしてしまいます。
情けない!

でも、ちゃんと現実的な視点から物事をとらえてないと、大口たたけないし。
現実と正面から向き合うことができていれば、もっと自信や誇りを持って、前向きに生きていられるような気がしますね。
そんな気がします。



自分の価値観変えてみようと思うときってどんなときですか?
僕はというと、失敗したときが圧倒的に多いです。
みんなそうだと思うんです。

でも失敗から何かを学んで、それを実証してみないと、学んだことが正しいことなのかどうかわからないんですね。
だから僕は「成長」というワードがしっくりこないのです。
「変化」のほうがしっくりくるんですよね。
実践が足りない。


まずはやるべし!!
なのかな、やっぱり。

孤独納豆

2009.12.11

category : シュール

comment(0) trackback(0)

最近の話。

弱音を吐いてはいけないような気がして。
自分が強い人間であることを人に誇示していないとだめなような気になって。
ずっと前向きでなくてはならないような気がして。
立ち止まることが罪のようにさえ思えて。

就活って孤独なんだなぁ。
就活終わったらもっと孤独になると思うけどね。



「ずぅっと子供のままでいたいよぅぅ」とは思わなくなった。
ずっと大学生のままぼぅっとしていたい、という欲望はかなり薄れた。
なので前と比べると覚悟はできてきたのかな、とは思うけれど。
単純に、純粋に、近い将来が不安なのかな。



今日も僕は「社会人みたい」と言われた。
「普通にサラリーマンとして働いてそう」なのだそう。
どうして僕はこう、じっとしていると落ち着きがあるように見えるのかね。
若さがほしい。





続きはこちら >>

鬼は外

2009.12.08

category : 独り言

comment(3) trackback(0)

丸の内は、おしゃれだけど、おしゃれでしか無い。
ディスクユニオンとか、ブックセンターいとうとかが無い。
人の少ないカフェや、ブランコのある公園が無い。
地上にコンビニが無い。
無い無い、何も無い!

疲れたよーぅ!
プロフィール

ひが

  • Author:ひが
  • The 新社会人

    怒濤のコンプライアンスでやんす
counter
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
忍者による解析

Copyright ©名も無きブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad