名も無きブログ

音楽×自転車×雨=ひが

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Starlight

2010.10.26

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

Oasisのライブパフォーマンスを観られなくなった。
世界トップに君臨するロックバンドが消えてしまったのだ。
どうせまた仲直りして僕たちの前に姿を現すのだろうなんて淡い期待を抱いてから一年は経っている。
リアムは新バンドでOasisを超えるんだとか言いながらファッションブランドを立ち上げている。
ノエルは何をしているんだかわからない。
いずれにしても、彼らが同じステージに立ち、Oasisとしてファンの前で素晴らしい演奏をするということは期待できなそうである。
このことにがっかりしているのは日本のファンも同じ。
彼らは行き場を失っている。
Oasisのフォロワーとも言うべきUK ロックバンドは他にいくらでもあるが、どれもちょっとつまらないものばかり。
生粋のロックンロールファンをうならすことはできないような若造ばかりなのである。

かくいう筆者もこの現状に困り果てていた。
もう、Oasisの代わりバンドを見つけようとするのなんかやめてしまおうと何度も思った。
そんなある日、偶然僕は見つけてしまったのである。
ポストOasisともいうべき、素晴らしいロックンロールバンドが日本に、しかも東京の、吉祥寺周辺という比較的アクセスに便利な地域周辺にいたのだ。
彼らの名前はStarlight。
僕がポストOasisと言ったのは、彼らの曲に「今週で3回目」という曲があり、これが非常にOasisから良い要素を盗み取って自分たちで消化して表現しているからなのである。
Oasisがあらゆる先行バンドを崇拝していたのが楽曲にそのまま滲み出ていたように。Starlightもまた、先人たちを良い意味でパクって自分のものにしている(パクリに良いも悪いもないんだけど)。
だからよく楽曲を聴いているうちに、これはただのポストOasisではないということに気づかされるのだ。

Starlightが気になって夜も眠れない僕は、彼らのことを調べぬいた。
結成は2008年の暮れで、若干のメンバーチェンジがあって現在は平田氏(GV)、ひが氏(B)、中川氏(D)の3人から構成されている。
もともと平田、ひが氏が組んでいたThe Musiciansというバンドも最高といえば最高のバンドだが、Starlightになっていくつか変化した点がある。
大きな点といえば、楽曲のコンポーザーである。
The Musicians時代はその楽曲の8割をひが氏が作っていたが、Starlightになってからは平田氏が提供する楽曲が多い。
この点について、ひが氏は「歌詞が書けなくなったんだ」と語っている。
と同時に、「平田のライティング能力がアップしたんだ」とも語っている。
実際The Musicians時代の平田氏提供の楽曲はスパイス的な要素が強かった。
代打では威力を発揮するがスタメンに起用できないようなイメージが僕にはあった("片手間"は別)。
しかしStarlightでの平田氏はどんな場面、打球にも対応できる広角・・・いや野球に例えるのはやめよう。
とにかく良い意味で彼の曲は大衆的になったし、センスも良くなった。
それから、The Musicians時代にはほとんどなかったカヴァー楽曲がStarlightにはある。
その点を考えるとやはりコンポーザーの転換というのは大きな要素である。
それから、ライブパフォーマンスが変わった。
見せるパフォーマンスから聞かせるパフォーマンスとでも言うべきか。
言い方によっては、視覚的には地味になったかもしれない。
しかし逆に言えばそれほど楽曲に自信を持っているということなのだろう。
外見より中身で勝負するというバンドなのだ。
まだまだ若いのに貫禄すら感じさせるな。

彼らの代表曲といえばMyspaceにもあげられている「アメリカン」だが、どう聴いてもブリティッシュハードロックなので面白い。
E D C Dというコード進行を繰り返す「未来」も違った方向でのブリティッシュハードロックを感じさせる。
かと思えば「あはん」のようなキンキーでポップなロックや、新曲「きっと大丈夫」というポール・ウェラーな・・・って全部ブリティッシュロックじゃないか。
結局彼らはとってもブリブリしているのである。
ただし歌詞はほとんど日本語だ。
一部「Yeah」などの英語が含まれているが、平田氏もひが氏も英語堪能ではないので、英語の詞は書けないらしい。
ひが氏に至っては日本語すら書けないんだもの、Yeah!

そしてここから言うことはかなり重要なことだが、Starlightは近々ロックコンサートに出演するらしい。
2010年10/26(火)
@吉祥寺 曼荼羅
Open 18:30
Start 19:00
Price 1000Y+2D
寡作バンドというかぐうたらなのか、あまり活動していないので、ライブに出演すること自体が珍しい。
それだけにきっと、行かなければ一生後悔するライブになるだろう。
僕はもちろん観に行く。
彼らがどんなパフォーマンスをしてくれるのか、楽しみで仕方がないのである!
スポンサーサイト

たぶんほんとうにすきなことは

2010.10.20

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

ホント言うと、人別にブログ開設したいくらいなんだよな。
バイト先での自分のキャラはこう、サークルではこう、
バンドではこう、とかいう感じではなくて、
僕の周りの人ひとりひとりにそれぞれの接し方があるわけで、
その人にはこうアプローチしていきたいとか、
この人に知られたくないことをこの人には伝えたいとか、
そういうのが結構あるんですよ。
でも別にメールとか電話で直接的に話すほどのことでもなくて、
それこそツイッターで一言つぶやくのを見てもらうだけでよかったり
そんなようなことばっかりなわけですね。

この間あの人と遊びに行った時にあんな話をしちゃったから、
もうあの人はメールしても返してくれないのかななんて
そんな小せえことを気にしてさびしくなるわけだけど、
結局僕は何が言いたいのかといえば、
なんとか地味にモテるようにならねえかなって話。
何もアクションがないからモテるもくそもないわけだけど。
まあモテなくてもいいから人に興味もたれたいなあ、
あ、甘ったれだな。



ということで昨夜は東高円寺UFO CLUBでSTARLIGHTのライブでありました。

DSCF1153_convert_20101020125725.jpg

ちょっとぼやけたSTARLIGHT本番前楽屋でのスリーショット



DSCF1151_convert_20101020125821.jpg

対バンリハ待ち中の平田氏と中川氏


DSCF1149_convert_20101020125855.jpg

UFO CLUBに向かう途中に通りがかったステーキ屋 ニューてっぺい。
以前「モヤモヤさまぁ~ず2」で出てきたお店なので外観だけ記念に撮影。


DSCF1147_convert_20101020125937.jpg

私が最終的に内定を蹴った会社、の高円寺店舗。
家からの距離的にこの辺の配属になってもおかしくはなかった。


という芸能人ブロガーみたいな記事になったところで今日の記しはおしまい。

ぶりぶり

2010.10.17

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

この音がたまらんとか、
このコード進行がどうのこうのって小難しいことばっかほざいてる奴がいるけど、
僕はそんな奴と一緒にされたくないな。

技術もないし知識もないから僕はよく知らないけど、
細かいこと抜きにしていいか悪いかくらいは分かるし、
それだけでいいのでは??

あまり変なこだわりとか持ちたくない。
いい音楽をやりたい!




という思いを持って臨みます、
STARLIGHT 2010年2、3本目のライブ。

10/19(火)
@東高円寺UFO CLUB
OPEN 18:30
START 19:00
PRICE ¥1500+D


10/26(火)
@吉祥寺 曼茶羅
OPEN 18:30
START 19:00
PRICE ¥1000+2D


絶対楽しいと思う。
曼茶羅カレーは結構辛いので注意。

ホンホン

2010.10.14

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

あああ。
本は何度も読めとよくいわれる。
何度か読むことで、最初にはなかった気づきがあって面白く、より深みを味わえるとか何とか。
でもやっぱり最初に読んだときのドキドキ感にかえられるものはないような気がして、僕はついつい新しい本を読んでしまう。
一度読んだ本は、それっきりになってしまうことが多い。

そんな僕でもこれだけは読み返した。
夏目漱石『こころ』
太宰治『人間失格』
盛田隆二『ありふれた魔法』
盛田隆二『夜の果てまで』
えー2回以上読んだ本ってこれだけしかないのね。

『夜の果てまで』は前にもブログで書いたけれど、感動するね。
感動するという表現はこの作品にはミスマッチだけれど、鳥肌が立つというか。
佐藤正午氏の解説がうまいんだな。
僕は鈍感だから、初めて読んだ時には終わり方がよくわからないと思ってしまった。
解説を読んだ瞬間に思わず「あああああああああ」と言ってしまった。
あとがきから先に読んでしまう人がいるけれど、この作品に関してはまず本文を読んでもらって、それから解説を読んでもらいたい。
ページめくる順だな。
人の名前みたくなったな。
でも"ページめくる"なんてへんてこりんな苗字の奴いないな。

今度は白石一文にのめりこむ予定。
既にデビュー作『一瞬の光』でだいぶ惚れ込んだけどね―――

YKK48

2010.10.14

category : 独り言

comment(2) trackback(0)

YKKってすげえ。
昨日買ったブーツのジッパーも、数ヶ月前に買ったポーターのショルダーバッグのジッパーも。
今履いてるカーゴパンツのチャックも。
しかも持ち手のところにいちいちちゃんと社名が入ってるから、アピール力半端ないな。
社名がオリエンタルランドとかだったら絶対入りきらない。
でも実は収益の柱はジッパーよりも建材(窓・サッシ)なのだそう。
単価が高いから。
強みを2つ持ってるってずるいな。
僕なんか1つもねえ。

ノーベル賞受賞者田中耕一氏談
研究者にとって「T字」の研究が大切と言われている。
つまり縦棒は自分の専門領域であって、その理解を深める為には横棒の幅広さが必要ということ。
だが氏曰く「T字」ではなく「π字」が大切らしい。
つまり2つの領域の理解を深めようとすることで、互いに影響しあうらしい。
又聞きだけど。

自分のことで言うと、コーポレート・ガバナンスと会計みたいなもんか。
研究と言えるほど究めてはいないけどな。

休みたいなー休みたい。
餃子食べてビール飲みたい。

Tick Tick Tick Tick Tick Tick Tick

2010.10.11

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

BOOOOOOOOOOOM!!!!



何かサークルの方でいっぱいバンドやることになっちまったよ。
10/31~11/3にかけて行われる学園祭では、「Hysteric Blue」「いきものがかり」。
11/6のOBライブ(現役生だけど出演するのです)は「毛皮のマリーズ」。
またどれも本来の趣味とはかけ離れた音楽をやることになるんだけど、ベースのフレーズくらいは勉強になるかもしれない。
最近作る曲はベースライン楽し過ぎだからな。


それから、コンビニ店員から居酒屋店員への移行を本格的に進めている。
金は稼げなくなるが自分で蒔いた種だし、時間に余裕はできる(=勉強できる)。


靴とシャツ欲しい
靴とシャツ

プッシャー

2010.10.07

category : 独り言

comment(0) trackback(0)

煙草吸おうかなと思うが吸い方がちょっと分からない。
煙草吸えない自分がちょっとかわいい。

一人暮らしして彼女居なかったら吸い始めるかもしれん。
吸えないままかもしれん。

煙草を吸いたい気持ちになる、というより煙草吸うくらいしかする気にならないとかそっちの方が近いだろうね。
チキンスモーカー。


ピタパンって知ってる??
間にいちいちのばし棒付けるとピーターパーンだよピーターパンにならないよああどうでもいい。
十数年来のお友達との再会の方が重要。
時間軸って不思議ー
プロフィール

ひが

  • Author:ひが
  • The 新社会人

    怒濤のコンプライアンスでやんす
counter
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
忍者による解析

Copyright ©名も無きブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。